« 摩擦系ノット | トップページ | シーバスもなあ »

2005/06/06

摩擦系ノット2

一昨日のエントリの続きです。

まずはいつもコメントをくださる釣庵に行って、ランキングに投票してから読んでください。
まこさん、いつも速攻コメントありがとうございます。

さて、ノットっつーかシステムっつーかラインについてちょっとだけ。
俺は、疑い深いというか、目で見たり実感しないと信用しないという、人間的に寂しい下衆野郎なんで、今まではあまり必要性を感じていませんでした。

元々PEラインはバスやってた10年前くらいに出だして、そのころから使っています。
そのころはスパイダーワイヤーってのを使っていました。

PEの考え方って、「同じ強度でより細いライン」って感じですよね?
でもその当時の俺の意見(つーか誤解)は「同じ太さで数倍の強度!すげえ!」でした。

当時のスパイダーワイヤーは、10llbの太さで40lbの強度だったんで、俺は迷わず40lbのをベイトに巻いていました。
そりゃあ強いっすよ、40lbですもん。
底に沈んでいるコンクリに根がかりしても、コンクリごと浮いてくるんで(いやマジで)。
元々が太いんで、根ズレに弱いとかって印象も無かったもんで。

少なくともバスやるときにリーダー使ったりはせず、ルアーにユニノットで直結です。
それでドラグフルロックで、50オーバーも抜き上げ。
漢(おとこ)です、バンカラです、当時は鉄ゲタ履いて葉っぱを口にくわえてギザギザになった学生帽の隙間から片目が見えていました。

で、数年ぶりに釣りを再開して(年に1回くらいは行ってたんですが)、ソルトをやるようになりました。
手元に残っていたスパイダーワイヤー40lbをスピニングに巻いてやってたんですが、とにかく飛ばない。

で、雑誌とか見ると、使うPEが細いんですよコレが。
シーバスだと1号~1.5号くらい、イカだと太くても1号ですよね。
しかもラインシステムとかノットとかえらく小難しい。

当然、そんなシチメンドウクサイことは江戸っ子(嘘)の俺には無理なんで、とりあえず1号PEを直結にしました。
ゴロタっぽいとこでのシーバスだったんですが、根ズレで切れる切れる。
とりあえず、その場で手元にある4号くらいのナイロンを結んでみたら、全然OKでした。

というわけで、ラインシステム(リーダー)自体の必要性は感じることができました。
一度必要性を感じたら、青竹を割ったような性格の俺なんで、イカでもシーバスでも、リーダーは付けるようになりました。

で、ノットですが、そのときもそれからも結束は電車結びです。
全然強度に不安は無いんですよ。
少なくとも、魚かかってから切られることはありませんでしたし。
湾奥のフッコとか秋イカとかしかしてないからっつーのもあるのですが。
要は、必要性を感じなかったわけです。

で、最近、GWに釣具屋にタモ買いに行ったらすごい頭痛に襲われて、やっと痛みが取れたらエギロッドが1本増えていた、という超常現象がありました。
そのロッド、かなりガイドが小さいんで、キャスト時に結び目がガイドを通るときに「ピシ」って音がします。
(音がしている気がするだけかもしれない。
が、事実云々よりも、俺様が気になるという主観が大事。)

とりあえず、結び目をトップガイドの外に出して、投げ釣りっぽく長タラシで投げていました。
これはこれで結構飛ぶし、いいんですが、いわゆるバス投げに比べるとどうしても弾道が高くなってしまいます。
(弾道、変わらないかもしれない。
が、事実云々よりも、俺様が気になるという主観が大事。)

で、ここしばらくモヤモヤしてたんで、一昨日土曜に雑誌みてたら載ってた8の字グルグルノットってのを練習してみたわけです。
雑誌(SALT WATER誌)にもこの名前で書いてあったんで、名前はわかりません。
で、さっき、ユニチカのサイトに同じものが載っていました。
http://www.unitika.co.jp/fishing/knot/leader/leader.htm
ここにも名前が載っていません。

しかし時間がかかります。
このノットで、10分くらいはかかっているような気がします。
特に、後半のハーフヒッチで編みこんでいくあたりは、気が遠くなります。
まこさんが前エントリのコメントに書いてくださっていましたが、俺も多分、現場では電車でしょう、きっと。

皆さん、基本的に不器用な俺でもサクサクこなせる、強くて簡単なノット、あったら教えてください。

|

« 摩擦系ノット | トップページ | シーバスもなあ »

釣り:タックル・小物」カテゴリの記事

コメント

ランキングのご心配までいただきありがとうございます(笑)

私もバス釣りにファイヤーラインを使ったのが最初ですが、バンカラなOpen6Eさんと違い小物なので、ポンド数で合わせて巻きました。それでカスミのオダとかに突っ込んだら瞬殺でした。そりゃそうですよね。太さが1号とか使ってたんですから…(^^;)

さて、リンク拝見しました。今度時間がある時にやってみます。ノットの選択と使い分けの理由…こちらも時間がある時に、と言うことで明日の仕事中にでも返信します(爆)

投稿: まこ@釣庵 | 2005/06/06 22:19

僕もバスやってた時にPEを使ってました。
同じく直結でリーダー無しでした。
釣り歴がバス→イカなんで、僕も初めは電車結びでしたけど、いつも根掛かりするとリーダー部分からではなくノットで切れている感じがしたので8の字グルグルにしてみました。
(ノーネームノットですよね…?)
バスやってた頃はリーダーなんて付けた事なかったんで大変でしたが、いろんなノットを試した所細号数のPEとリーダーなら8の字グルグルが一番簡単で強い気がします。
最初は20分位かかってましたけど、慣れれば3、4分でいけますよ~。
僕はイカかショアのライトジギング位なんで今の所このノットだけで充分です。

投稿: コジコジ | 2005/06/06 22:41

まこさん、コジコジさん、コメントありがとうございます。

これがノーネームノットなんですか。
確かに名無しだ。

今、会社にいて、電話会議しています。
終わったらシーバス出撃しようかと思って、会議しながらシステム組んでいます。
で、思ったのですが、最初、PEを8の字に通して巻きつけて、ハーフヒッチの後、巻き戻しますが、この巻き戻しがうまくできないんですよ。
往復の往路はリーダー引っ張ってPEにもテンションかかっているからやりやすいのですが、戻るときはリーダーと逆方向のテンションをPEでかけるのが難しいです。
巻くことはできても、戻せないっつーか。
今も、ムキー!となって発狂しそうでした。

さて、まこさん、返信は無理しないでくださいね。
まこさんのエントリででも、システムについて語っていただく機会があれば。

投稿: Open6E | 2005/06/07 02:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/4437663

この記事へのトラックバック一覧です: 摩擦系ノット2:

« 摩擦系ノット | トップページ | シーバスもなあ »