« まずはシーバスから | トップページ | 青物、つーか、サバ? »

2005/07/20

今度こそラスト春イカ

さて、シーバスを終え、一路小田原/真鶴方面に車を飛ばします。

前回の伊豆の時に書いたように、新しく手に入れた浅溝のリールが0.8号PEだと大して量が巻けないので、今回は0.6号のPEにしてみました。
かつサスペンドラインなんで、どれくらい扱いやすいもんなのかを試したい、ってのもあります。

さて、まずは中規模の港です。
時刻は朝4時、若干暗いですが、ほぼ夜は明けています。

さっきまでパラパラと雨が降ってたんで、外洋側のでかいテトラが濡れていて危険です。
なので、テトラ無い側でシャクリ開始です。
しかし、この堤防、足場高いです。
もしキロアップとか来ても、ネットは届かない抜き上げはできないんで、足場の低いとこまで誘導しないといけないっす。
つか、俺、キロアップ釣るつもりかよ。

確かに0.6号でサスペンドラインだと、かなり扱い易い気がします。
いいかもしんない。
ただ、やっぱりフルキャストするのは切れそうで怖いってのもありますねえ。
さらに、根がかりでも回収率が明らかに落ちます。
結論としては、2500番台のリールで(浅溝かどうかは別として)0.8号がいいかなあ、というとこです。

さて、この立ち位置、向かい風でやりにくいです。
あと、割と人が多くて、堤防内での移動はムリっぽいです。
ゴロタとかも近くにあるのですが、濡れててやりにくそうです。

というわけで移動です。
前のとこよりちょっと小さめの堤防です。
が、人多すぎて、入れそうにないです。

というわけでちょっと距離を走って、そこそこ大きい漁港に行きました。
ここは外洋向きはできないのですが、湾内が船が多く通るので、船道にアオリが付いている、とのことです。
3本の船道が交差するような、ちょうどいい場所が取れたんで、3方向にエギを投げてみます。

サクラダイ→紫→バレンシア→オリーブ

とローテーションして、「困ったときのMSD」と言われるマーブルサクラダイにチェンジしました。
船道をできるだけ沢山ナメるような方向(あくまでもここに船道があるだろう、という妄想に基づく。)にキャストします。
着底させて、軽くダート、底を確認したら2段シャクリさらに何を血迷ったかトゥイッチトゥイッチトゥイッチで、フリーで落とします。

流石はサスペンドライン、スーっと気持ちよくラインが沈みます。
おお、粛々と落ちてるねえ。
つか、粛々っつーか、ライン、ツツーって出てますけど。
もしかしてイカですか、そうですか。

糸フケ取って、スウィーーーーーープに合わせてみると、ジジッジジーージー、とドラグが鳴り出します。
まあ、ドラグは前回のゲソ騒動のせいで、かなりゆるくしてるってのもあるんですが。

よしキタ!
落ち着けマクレーン(ダイハードかよ)。
とゆっくり寄せて、ネットでランディング成功です。
シーバスのように横に走ったりジャンプしたり首を振ったりしません。
が、墨吐いて抵抗はしますが。

20050717

取れました。
家に帰って量ったら、900gジャストでした。
きっと、釣り上げたばかりのときは2.5kgくらいだったはずです。

いやいや、フォールですよ。
ただ、ボケーっとしてて、明らかに抱いてるのに気づかないのがまだまだですね、俺も。

とりあえず、春イカのシメができました。
が、連休の釣りはこれでは終わらない!

|

« まずはシーバスから | トップページ | 青物、つーか、サバ? »

釣り:イカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/5064482

この記事へのトラックバック一覧です: 今度こそラスト春イカ:

« まずはシーバスから | トップページ | 青物、つーか、サバ? »