« 「感じるんだ」あとがき | トップページ | センチメンタルジャーニー 準備 »

2005/09/22

湘南名物 鯵の押し寿司

火曜水曜と大船のクライアントのとこで仕事でした。
火曜朝に大船駅に着いたら、いたるとこで「湘南名物 鯵の押し寿司」ってヤツを売っています。

鯵の押し寿司と言えば、四ツ谷の寿司屋に行くと必ず注文する俺の好物。
これは捨てておけません。

よし、明日(水曜)こそは食うぞ、とココロに決め、まずは、識者にいろいろと意見を求め、ウラを取ります。
するとおなじみチャンネエKが大絶賛します。
なんでも昔、大船に通ってたことがあるらしく、そのたびにこれを食ってたらしいです。

ならば食うしかないでしょう。

水曜朝、大船駅に「何か」を決意した一人の漢が降り立ちました。
改札を抜けて右方向に、売店に向かいます。
お店の人に「これって常温で昼まで持ちますか?」と聞くと「真夏でも夕方まで持ちますよ」とのすごい自信。
というわけで、ゲッツです。

P506iC0000393549

850円の「中アジをさばいたヤツ」と1000円の「小アジをそのまま乗せたヤツ」の2種類がありましたが、当然シブチンの俺様は850円の方です。
これをカバンの中に入れてクライアント入りしました。

午前中は仕事しながらも押し寿司のことがアタマを巡ります。
いやあ、早く食いたいなあ、と。

で、待ちかねたランチタイム。
クライアントのお誘いを「今日はちょっと食い物買って持ってきてるんで」とお断りし、その辺のベンチに向かいます。

もう、コレモンの卑しい顔をしてたに違いありませんが、うひうひ言いながらパッケージを開けます。

P506iC0000459087

いやーん、ツテキ。
さて、一口。
いやーん、ツキ。

四ツ谷のに比べて、かなり酢が効いてます。
まあ、お店で出すのと、お弁当では当然違うんでしょうが。
これなら真夏でも夕方まで大丈夫ってのもわかります。

いや、うまい。
はよ、マロにビールを持ってくるのじゃ。

|

« 「感じるんだ」あとがき | トップページ | センチメンタルジャーニー 準備 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/6061727

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南名物 鯵の押し寿司:

« 「感じるんだ」あとがき | トップページ | センチメンタルジャーニー 準備 »