« 逆カルーセルOpen6E | トップページ | to me »

2006/09/13

突然バス

さて先週金曜夜、週末はいつものようにツノでも投げに行こうかな、と思いつつ飲んでたらすっかり朝になってしまいました。
結局土曜は釣りに行かず、日曜朝に出撃することに。

渓流に行こうか浜に行こうか悩んでいると、土曜夕方くらいにいつものバーの店長Qからメールが。

明日日曜、早く店閉めれたらXX方面にバス行こうかと思うんですが一緒にどうっすか?

この店長Q、こないだの盆くらいに地元に帰ったついでに近所の野池でウェーディングしてたら40オーバーを含むそこそこのバスが釣れてしまい、それ以来、寝ても醒めてもバスのことばかりを考えてしまっているようです。
挙句の果ては、ヤフオクでフローターまで買ってしまいました。
ただ、盆以来、バスに行く機会は無いみたいですが。

で、いつもの釣りに行くメンツでは、元々バスをやっていたのは俺と店長Qだけなんですで、周りは冷淡なんですが、俺は結構悔しい。
俺らの中ではゴム使うなんて気持ちよくない、という暗黙のシバリがあるんですが、店長Qはスピナベが当たりルアーだったらしく、それ以来「バスって魚は針金が一番の好物っすよ」というのが口癖になっているくらいです。
そんなこんなでカタイモノで釣られたから悔しいんですよね。
あとは俺が、俺らの中では一番エライとされているトップで上げるしかないという状況です。

8月末にこの店長Qの誕生日があったんで、俺はクソでかいジタバグと一緒にバスのポイント本をプレゼントしました。
それ以来店長Qはもうページがパリパリに貼りつくくらい(エロ本かよ)熟読して、わりと古豪ポイントにも興味を示していました。

で、時間とかそういうことから結論に達したのが、このXXというわけです。
まあ、このXX、うちからも近いんで、そいじゃあ終わったら連絡ください、ということにしました。

***

日曜4時半くらいに現地近くで合流しましたが、どこから入れるのかがわからず、結局走り回って5時くらいからスタートしました。
ただ、フローターはダメ?のようで、結局ウェーダー履いてのオカッパなんですが。
ちなみに俺はフローターは持っていないんで、もし店長Qがフローターで漕ぎ出したら、メタルジグで射撃してやろうと思っていましたが、残念。

あ、俺のタックルはアメリカで買ったベランベランのロッドにABU2500C、あとMLクラスの6フィートのロッドにABU 5600WSという布陣です。
このベランベランロッド、鯉釣りの間のキャスト練習で1回使ったことがあるだけなので、実質デビュー戦でした。
やわらかいのですがコシも無く(なんだそりゃ)、でも10グラムくらいのトップをベニョンと投げると実にいい感じです。
特にペンシルなんて、これは食うだろキミたち、というくらいのでネットリした中年アクションが可能でした。

結果として、7時くらいまでで2箇所回りましたが、とにかく暑くて暑くて、魚っ気はあるんですがバスっ気無いし、で終了しました。

ちなみに店長Q、一旦帰宅後、さらに夕方から別のところに行ったらしいです。
釣れなかったばかりか、フローターデビューもできなかったみたいですが、いやあ、熱いっす。

いやいや、思ったより楽しかったです。
回りで釣れている人はいませんでしたが釣り人は多かったし、また行ってみようと思った次第です。
一人のときはこっそりワームやろうかな(卑怯)

|

« 逆カルーセルOpen6E | トップページ | to me »

釣り:淡水ルアーフライ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/11879384

この記事へのトラックバック一覧です: 突然バス:

« 逆カルーセルOpen6E | トップページ | to me »