« 西田式その4 | トップページ | 湾奥シーバス、4連発ドカ食い »

2006/11/22

秋の大遠足2006

実は一昨日月曜に休みを取って、今年も秋の大遠足に行ってきました。
同行者はいつものバーの常連のHN氏です。

遠足シリーズってのは、毎年春と秋にイカメインでの遠征を言います。
ちなみに今年の春の遠足も東伊豆でしたが、去年の秋の遠足は伊豆大島でした。
で、今回も東伊豆をランガンしようということしました。

***

予定では午前2時にHN氏が俺をピックアップし、まずは暗いうちにシーバス(マルスズキおよび場合によってはヒラスズキ)をやり、明るくなったら1キロ近くに成長したアオリの5杯ずつもイワして、その後状況に応じて転戦しつつ、夕マズメもまたメインの港でドッカンドッカンというものでした。
さらに、その間にアラカブをやったりメッキをやったりしよう、という贅沢さ。

もっとも、計画はこうだけど、あまり良い結果が出たことが無いのがこの遠足の特徴です。

***

で、俺が用意したタックルは以下の通り。

1) ルアー/仕掛け

  • エギ
  • シーバスルアー
  • トラウトルアー(メッキ用)
  • メタルジグ
  • ワーム(バグアンツ等:アラカブ用)
  • ワーム(ストローテールグラブ等:メバル用)
  • ジグヘッド各種およびワームフックやシンカー
  • ブラクリ(アラカブのテトラ穴釣りやヘチ釣り用)
  • ブッコミ仕掛け(イソメやサンマ切り身によるアラカブ他狙い)、

2) ロッド/リールおよびラインシステム

  • エギ用:8フィート3インチ エギロッド + 2506リール + 0.8号PE + 2号フロロリーダー
  • シーバス、メタルジグ、ブッコミ用:8フィート3インチ シーバスロッド + 3000リール + PE1号 + 20ポンドナイロンリーダー
  • メバル、メッキ用:6フィートトラウトロッド + 1500リール + 4ポンドナイロン
  • ブラクリ用:5フィート8インチバスロッド + ABU512XLT(ベイト) + (多分)3号PE+30ポンドフロロリーダー

3) その他

  • イカギャフ
  • 竿立て三脚
  • 水汲みバケツ
  • クーラーバッグ

完璧であります、死角無しであります。

***

前日昼過ぎから降りだした雨は強くなる一方、しかも伊豆には強風波浪注意報も出ています。
ただ、予報によると、翌日朝9時前後には雨も止むとのこと。
とりあえず、HN氏と連絡を取り、出発を4時に変更しました。

が、4時前に起きてもイマイチの天気。
結局、なんだかんだで7時に出発しました。

***

雨はオダアツの途中には止み、日も出てきました。
が、早川を過ぎて石橋、米神、江之浦と海が見えてくると、ドッパーンという東映の映画並の高波。
すでに暗雲立ちこめます。

***

最初のポイントに着いたのが9時半くらい。
外海向きの堤防なんて危なくて入れません。

結局、一番奥である、シーバスの実績の高い河口でスタート。
でも、激しいナライ(北東の風)と強烈な高波で生命の危機を感じ、テトラに入れず、何投かして終了しました。
重めのバイブレーションが風で流されるくらいですから。

***

その後、釣具屋に寄り、こんな日はどこが良いかを尋ねました。
たぶん、釣具屋のニーチャンの本心は、今日は諦めた方がいいよ、ってとこでしょうけど、色々と教えてくれました。
アラカブにはアオイソメとサンマの切り身が良いらしく、両方を購入。

***

まずはナライのときは風裏になる港に行きました。
いけそうならイカ、イカは難しそうならブッコミつつブラクリでもアラカブを狙おうか、という算段でした。
しかし、釣り人は誰もいないけど、堤防先端では漁師さんたちが網をメンテナンスしていて、釣りをする隙間が無いので諦めました。

***

次は俺の伊豆でのホームグラウンドの漁港に。
こないだアラカブを釣ったところです。

もちろん、ナライは激しく波高いんで、テトラは無理、堤防先端に釣り座を決めます。
かなり波はかぶっているけど、なんとかいけそうなんで、ここでアラカブを狙いを開始しました。

まずブッコミ、6号のオモリだと流されてしょうがないんで、10号に変えますが、それでもウネリで鈴が鳴ってしまうくらいです。
しかも、三脚に立てた竿が三脚ごと倒されるくらいです。

で、波が当たっていない方の堤防のヘチをブラクリで丁寧にリフト&フォールで探ると、チビアラカブをゲットです。
少しモチベーション上がって、ブラクリでヘチからゴロタ周りまでネチネチやってると、近所のおばさんが登場して、危険だから釣りはやめてください、とのこと。

基本的に、海の事故の場合、漁業関係者はボランティアで船を出して捜索の手伝
いをしてくれるらしく、もし俺らが流されたりしたら、ここの漁業関係者に迷惑をかけることになるんで、大人しく従い、ここでの釣りを中止しました。

***

つーわけで、さらに南にある港に12時過ぎに到着です。
この港は去年のセンチメンタルジャーニーで、メガバスジジイの店で弓角を買い、その後ソーダをバラした港です。

ここは沖提があるので、俺らが入った堤防は波とうねりが少ないです。
ナライは多少あるけどいい感じなんで、まずはブッコミ仕掛けをセットです。
で、ビールを飲みつつブラクリをやっていると、HN氏が小メジナをゲットです。
その後、ゴロタ周りをリフト&フォールで探って、俺がベラをゲットです。

しばらくすると、風が全く止んでいることに気づき、堤防先端からミオ筋めがけてエギをやってみるけど異常なしです。
また、そこそこの鳥山が立つので、メタルジグもやってみましたが、これまた異常な
しです。

で、暗くなってくると、その辺でベイトフィッシュが追われてチャボって音でします。
これはシーバスに違いないと仮定して、TDソルトペンシルやバイブレーションなど、シーバスルアーを投げ続けました。
もちろん異常なしです。

そうこうしているうちに、アジの泳がせでアオリを狙う釣り人が現れます。
HN氏は根気よくイカ狙いですが、俺は船着場の明暗でメバル狙いに切り替えます。

で、暗いところから明るいところに向けて、ストローテールグラブ(ピンク)にメバル弾丸のちっこいヤツでデッドスローで引いているとアタリがありました。
慎重に寄せて抜き上げると20センチくらいのアジです。
この港の特産?の金アジと言われる綺麗なアジなのでキープしました。

明暗の明るいとこにも、アジらしき魚がキラキラ泳いでいるのが見え、さてこれからアジ
が爆発だ、と思ってがんばってみましたけど、以降異常なしでした。

HN氏も集中力が切れたみたいなので、19時くらいに納竿しました。

***

結果は

  • アラカブ:ブラクリ+アオイソメ
  • メジナ:ブラクリ+アオイソメ
  • ベラ:ブラクリ+アオイソメ
  • アジ:ワーム

というわけで、ブラクリ最高、最強っす。

***

この後、海鮮料理を食べ、足湯に漬かって、22時半くらいに帰宅しました。
キープはアジを一匹だけで、ナメロウや刺身にするには小さいんで、開いて干物にしました。

P506ic0003342626





写真は10%の塩水に漬けているところです。
今晩あたり、食べてみます。

***

しかしそれにしても、秋の遠足はコンディションに恵まれません。
まあ、今回は普通なら中止にする風波なんですけどね。

来年春の大遠足はまたもや大島に渡ろうか、という話もあります。

腕が無いのはわかっているんですが、これで釣れなきゃ単なるヘタクソと明確にわかるコンディションでやりたいねえ、とHN氏と話していました。

あと、結構、餌釣り面白いっす。
ブラクリ用にテトラ竿が欲しくなってるとこです。

以上です。

追記
一応書いておきますが、キケンきわまるところに入って行き、釣りをしたわけではありません。
あまり蛮勇って持ち合わせていないですし、そんなところで無理をしてもしょうがないですから。

|

« 西田式その4 | トップページ | 湾奥シーバス、4連発ドカ食い »

釣り:その他ソルトルアー」カテゴリの記事

釣り:イカ」カテゴリの記事

釣り:シーバス」カテゴリの記事

釣り:回遊魚」カテゴリの記事

釣り:海の餌釣り」カテゴリの記事

釣り:遠足」カテゴリの記事

コメント

うっひゃっひゃo(^▽^)o同じ日に同じ状態を体験した人ハケーン(^O^)
あちきも15時間半出て移動に移動を重ね20時には諦めました(もちろんアタリて何?て感じ)
ゴミしか釣れないで会社今週憂鬱だなぁて思ってたところが火曜起きたら風も無く野生の勘がムラムラと('-^*)/
家の事マッハでこなして脱走(夕まずめまで探さないでくださいと)(^O^)16時~17時半アタック敢行!
宇宙人250㌘600㌘捕獲に成功しましたよo(^-^)o

投稿: B-ひで | 2006/11/22 22:42

> ひでさん

おお、この日に出撃でしたか。
キツかったっすね。

しかし翌日に再戦してきっちり結果を出すあたり、さすがです。
もうウネリは去ってました?

是非是非、激シブのときの戦略、教えてください(他力本願)。

投稿: Open6E | 2006/11/24 08:50

くるぶしまで1回洗われた\(゜□゜)/コワー
ライジャケ絶対着てるから平気だけど。でもコワー
渋い時云々より
エリアと前後のシチュエーションで考えて場当たりで絞って狙ってくから現場主義的な状態なもんで教えるの難しいっす
非常に感覚的な絞り込み方なもんで(f^^)

投稿: B-ひで | 2006/11/24 22:09

> ひでさん

確かにおっしゃるとおりですねえ。
やっぱり場所の選定っすよね。

俺の場合は、絞り込んで、その現場で手も足も出ないところを選んでしまうんですよ。
呪われてる・・・

投稿: Open6E | 2006/11/25 13:52

計画は盛り沢山だったのに残念でしたね。
この時の波っぷりは、ひでちんから動画で送られて来ました(笑)。
ありゃ、仕方ないでしょ?ってウネリでしたもんね。(^_^;)
アジ、どうでしたか?ウチの冷蔵庫干しは思いのほか美味かったです。

投稿: まこ@釣庵 | 2006/11/26 20:33

> まこさん

動画ですか。
まさに「東映」とか「さつま白波」って感じでしょ?

アジの干物、美味しかったです。
いい脂の乗り方でした。
どうも、塩水に漬けた後の水分のふき取り具合でかなり塩味が変わるみたいですね。

投稿: Open6E | 2006/11/26 22:44

あまりにふざけた状態だったもんで
ムービーに入ってるあちきのコメントも笑いながらでしたから(^O^)
今日は磯ダモのネオプレーン製のストラップ仕入れたんで試してきます(^O^)/

投稿: B-ひで | 2006/11/27 13:49

ひでさん

いやほんと、もう笑うしかないってくらいの波でしたね。

タモ柄ですが、今は
http://open6e.cocolog-nifty.com/hdn/2006/11/post_fb8e.html
ここで書いたみたいに腰にぶら下げていますが、ネオプレーンのストラップはこないだまで使っていました。
フィット感とかいいし、確かに軽く感じるしでいいっすよね。

ところで、釣果は?
イカ狙いですか?

投稿: Open6E | 2006/11/28 21:55

ちょっとヒク状態の出来事が有りまして釣りしないで帰りました(-_-#)
ナイトの時怖くするの嫌だから書かないけど自分の感覚が尖ってきてるみたいで怖い今日この頃ですわ(>_<)

投稿: B-ひで | 2006/11/29 05:03

ひでさん

・・・・っすか。
マジっすか。

俺はその辺のシックスセンスが無いのでアレですが、怖いのは苦手です。

投稿: Open6E | 2006/11/30 11:06

まぁ身内絡みだからそんなに怖くはないんすけど落ち着いて思い返すと携帯の電源メール送信する時に落ちたりしてたし、なによりも自身が怖いっつぅの?キモいっつぅの?頼むからもちっとアンテナ感度下げ目でお願いしますって感じす(-_-#)

投稿: B-ひで | 2006/11/30 13:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/12779521

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の大遠足2006:

» 秋の遠足弁当 [遠足のお弁当]
秋はスポーツやら学芸会やら遠足やら。楽しいことの目白押しなシーズンです。子供たちが頑張る分、体力も消耗します。小さい子供にも食べやすく、栄養のある秋の遠足弁当があると心強いですね。いつも給食の子供たちにとって、時々登場するお弁当は心浮き立つアイテムです。持ち物は、水筒(お茶か水)敷物 濡らしたおしぼり、忘れちゃならないお弁当とはしセットでしょうか。特に遠足のお弁当は友達と見せあったり、交換し�... [続きを読む]

受信: 2007/04/22 08:28

« 西田式その4 | トップページ | 湾奥シーバス、4連発ドカ食い »