« 春合宿2007 その6:四日目朝 | トップページ | 春合宿2007 その8:六日目 »

2007/05/02

春合宿2007 その7:五日目朝

さて、昨日で春合宿も半分が終了しましたので、ここでちょっと結果をおさらいしておきましょう。

  • トータル釣行回数:6回
    • 内訳:イカ3回アマゴ3回(二日目朝の1.5時間イカ勝負も1回にカウント)
  • 釣果:イカ0杯、アマゴ0匹
  • 打率:イカ000、アマゴ000、トータル000

これです、このテイタラクです。
要はまだ何も釣れていません。
よく考えたら、去年の春合宿(去年までは「イカ合宿」と言っていました)も、エサ釣りは除いてはグリグリボーズだったんでした、ありがとうございます。

そろそろ結果を出したいところなんです。
かなり焦っています。

が、それよりまず今一番釣りたいものは何だろう、と考えました。
それを釣ろう、と。
で、今はイカよりもアマゴなんですよね。
ホームグラウンドの丹沢にもアマゴはいるにはいるみたいですが、釣ったことはありません。
ちょっとアコガレの魚です。

というわけで、まずはアマゴに集中し、結果が出てからイカ「も」やろうという方針にしました。

***

昨日釣行した川、すばらしいところでしたが、とてもタフなところでした。
エントリにも書きましたように、今日は少し下流でリベンジをするつもりでした。

昨晩は深酒をせずにサクっと寝て早起きし、現場到着が朝5時くらいです。
車を止めて河原に降りてみると、今朝未明まで降り続いた雨でかなり濁りが入っています。
かつ、少し増水したようでこのまま釣り上がって行くのは無理そうです。

移動を決意しますが、移動の前に一応投げてみることにしました(ガメツい)。
川幅は30mくらいとかなり広いのですが、対岸のオーバーハングの下は濁りが入っていないようです。
対岸の岩盤に投げ、濁りとの境でトゥウィッチングマチコ先生をするという、まるでシーバスのような戦法を取りました。
使用するのは(昨日から付けっぱなしだった)アレキサンドラのヤマトイワナというカラーです。

数投して、よく見てみると、アップクロスの方向のちょうど濁りとの境に大きめの沈み石がかろうじて見えます。
ちょうどその沈み石を通るように対岸にフルキャストし、濁りの際=沈み石にさしかかったところで猛然とマチコ先生です。
一瞬何かがギラっと見えた直後に竿先に重みを感じました。
ヒットです。
この合宿初のフッキングです。

しかし良く引きます。
俺はマジでサツキマスかシーバスがかかったに違いないと思いました。
(そこまでは引いてないって)
そしてついに、ネットインしました。

20070502_amago01 20070502_amago02 20070502_amago03

写真ではわからないくらいですが、朱点があります、アマゴです。
サイズは27cmでした。
成魚放流の残り物なんでしょうが、ヒレは大きくピンピンですごくイカつい顔をしています。
一瞬、食おうかと思ったところ、殺気を感じたのか手の中で暴れてトンヅラされてしまいました。

カンツリやC&Rを別にすると、俺の渓流ルアーでの最大サイズが初アマゴでした。
いやあ、感無量です。

***

さて、想いに浸る時間が勿体無いので、車で橋を一つずつ上がって様子を見ていきますが、入渓が難しかったり先行者がいたりします。

そこで一大決心をして、昨日の入渓点に向かいました。
でも本流筋だと濁りもですが特に増水で昨日苦労した通ラズがさらに大変になりそうなので、濁りが比較的早く抜けそうで、今日は支流を攻めてみることにしました。

20070502_stream 川の規模なんかは昨日の本流筋にはかないませんが、渓相はこのとおりすばらしいです。

また、本流は俺からしてみたら、いたるところがポイントに見えて、どこからどう手をつけていけばいいのかわかりませんが、ここだとあまり迷うことはありません。
そういう意味で、規模が丹沢っぽくて安心します(小物)。
もっとも、ここだろうが丹沢だろうが、俺のあとには竿抜けが沢山あるに違いないのですが。

***

さて、しばらくはチェイスはあるけど食ってこないという状態が続きます。
いくつめかの落ち込み下の釜でミノーである程度攻めた後に、5.5gのスプーンを使ってみました。

20070502_uguiカーブフォールで沈めて、底を跳ねるイメージでユラユラやるとゴンゴンとヒットで、なかなの引きを見せます。
落ち着いてランディングをするとグッドサイズでした。

ただし、ウグイでしたが。

いつも思うのですが、ウグイやハヤ(同じ?)はミノーを食ってくることはありませんよね。
でもスプーンにした瞬間に食ってきます。
でもミノーをチェイスはするのかな?

***

さらに釣り上がると、落ち込みからのヒラキの筋に石が沢山落ちているという「いかにも」なポイントに到着しました。
まず右サイドからアップクロスに攻めますが出ません。

なんとなく逆サイドから攻めたくなって、対岸に渉りスネくらいまで漬かった状態でその筋にアレキサンドラ黒金をアップで送り込み、マチコ先生をカマすとヒットしました。
パーマークもはっきり見えるので間違いなくアマゴです。
20センチちょいありそうなナイスサイズです。

岸までは距離があるので、ネットを探りましたが、ロックが外れずモタついてしまったんで、抜き上げて岸に送ろうとしてちょっと浮かせたところでフックアウトです。

ちょっと前にアレキサンドラの黒金に替えるときに「少し針先がナマってるなあ」という気が一瞬したんです。
でも、まだまだシャープだしいいかな、と思ってそのままにしていたので、結果的にフッキングが甘くなったようです。
痛恨です、巨根です。

***

その後、渓相は里川ライクなチャラ瀬に変わりました。
色々とやってみるのですが、ハヤらしきチェイスしかありません。

と思ったら、いい感じの石のところにはやっぱりいいのがいるんですね。
ジャバっと歩くとグッドサイズがサーっと逃げていったりしました。

いい加減チャラ瀬が続くので、今まで使ったことないスピナーを投げてみました。
開高健風に言うとスピンナーです。

20070502_haya すると、一発で食ってきました。
もちろんハヤですが。

つか、このカマスみたいなのがハヤで、さっきのがウグイでいいんですよね?

あとこのスピナー、胴の部分が魚の形をしたコンビネーションルアー(死語)風ですが、魚がゴム製ではなく、かつシングルフックでブレードも良く回ります。
今後も使ってみます。

***

このハヤで少し萎えたのと、このチャラ瀬がずっと続きそうなので11時になった時点で退渓しました。

結果として、アマゴ1ヒット1バラシ、ウグイ1ハヤ1でした。
最後の方は天気も良くなったし、満足な釣りでした。

***

これまでの打率

  • イカ:3打数0安打 000
  • アマゴ:4打数1安打 250
  • トータル:7打数1安打 143

さあ、そろそろイカの野郎を懲らしめてやります!

|

« 春合宿2007 その6:四日目朝 | トップページ | 春合宿2007 その8:六日目 »

釣り:合宿」カテゴリの記事

釣り:渓流ルアーフライ」カテゴリの記事

コメント

さっき東名松田から御殿場17キロ渋滞電光出てたし東北道も下りかなりの交通量でしたし中央も昼間マコチン嵌ったみたいだし下り方向確実に渋滞っすよ
道中お気をつけあそばせぇ('-^*)/

投稿: B-ひで | 2007/05/03 04:52

ひでさん
どうもです。

どこもかしこも混んでるみたいですね。
が、俺は帰りは電車なんですよ、だから渋滞にはかからないです。
情報ありがとうございました。

投稿: Open6E | 2007/05/03 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/14927323

この記事へのトラックバック一覧です: 春合宿2007 その7:五日目朝:

« 春合宿2007 その6:四日目朝 | トップページ | 春合宿2007 その8:六日目 »