« 第5回トライアスロン神奈川大会 序章 | トップページ | 第5回トライアスロン神奈川大会 多摩川ラウンド »

2007/05/29

第5回トライアスロン神奈川大会 地磯ラウンド

[5/27 7:30 - 14:30]
前日に呑みすぎたのでゆっくり目に起床し、出撃です。

目的地は真鶴方面の地磯です。
狙いはイカとアラカブ等の根魚です。

この時期、どの堤防に行っても人で一杯なんで、これからイカのシーズンオフまでは地磯をメインにやろうかなと思いまして、その下調べも兼ねてここにしました。

ここは2年前のほぼ同じ時期にそこそこのサイズが出たところです。
2匹目のドジョウを狙ってあれから何度か足を運んでいますが、あの時俺が釣ったのが最後の一杯だったようで、それ以来音信不通です。

この場所は岬の突端なんで、真正面からの向かい風以外だったら立ち位置と投げる方向を変えることで風を味方につけることができるのがいいです。
釣り人が少ないってのもいい。
あと、イカがダメでもアラカブ等根魚も狙えます、釣れたことないけど。

***

7時ちょい過ぎに到着です。
車を止めて、ポイントまで10分くらいかけてヒーヒー言いながら歩き、たどり着いたら思いっきり向かい風です。
向かい風「以外」だったらなんとかなるポイントで向かい風とは何てバッドラック!
一応エギを投げますが飛ばない飛ばない。

***

風を背負えるところはちょうど岬の反対側なんで、風向きが変わるのを待つことにしてアラカブでも狙おうとリグをセットします。
つっても、エギを外してブラクリみたいなデキアイの仕掛け付けるだけなんですが。
これは先週の川崎新堤でも活躍したリグ(だから仕掛けだって)です。

現場に到着してからエサを買っていないことに気づいたんで、エサ代わりに随分前に買っておいたガルプを付けます。
エサより釣れるって、ほんまかい!?

まずは地磯周りの真下に落とし込んで探ります。
いかにもいそうなスリットとかで辛抱強く探っていると、コツンコツコツとアタリがありました。
すかさずアワセを入れましたが、エギ用にわりと緩めにしておいたドラグが災いしたのか、上がってきたときには海藻に化けていました。
もうモチベーションは200%上昇してこの後30分くらいこの方法で探りますが、これ以降反応がありません。

***

それじゃあ根ガカリは増えるでしょうが、チョイ投げで探る作戦に変更です。
底まで沈んだらゆっくりと竿を上げて行き、何かに触ったり着底した感触があったらステイ。
ガマンできなくなったら再度竿を上げていくというわけです。

で、何投かすると、またもやコツン、と。
今度はドラグを絞めているので鬼アワセをかますと、スカっと抜けます。

それならば、と次のアタリのときはアワセずに待ちました。
すると、コツン、コツコツ、クイーっと竿先が絞り込まれるのを確認してからアワセると、乗りました。
結構引きます、楽しいです。
抜き上げると、中々のサイズ、20センチちょいくらいでした。
ただし、ベラでしたが。

200705270958000その後、潮が効いてきたようで、立て続けに同じくらいのサイズが4匹ほど上がりました。
ベラですが。

最初のアタリがあってから、少し待つ間のカケヒキ、結構ゲーム性が強くておもしろいですよ。
ベラですが。

***

ふと海を見ると、すごく良い感じの潮目が近くまで来ています。
ここで我に返りました。
潮が効いてて潮目があるのに、イカを狙わない手はありません。
速攻でエギに変えて潮目に向かってフルスイングしますが、爆風向かい風なんでチョロっとしか飛びません。
多分、遠くから見ていた人は「えいっ」って投げて目の前にポチョンっていうオンナナゲ野郎に思えたに違いありません。

距離、距離ね、距離を出せばいいんやね。
ということで、ジェットリグです。
まずエギを外しジェット天秤(6号)を装着します。
で、再度リーダーを1ヒロくらい取ってエギを付けます。
前に試したときに天秤とエギという2箇所にオモリがあってバランスが悪いことはわかっていたのですが、それを加味して遠心力を効かせて投げます。

1投目、うまく飛びました。
潮目の先に突き刺さりました。
底を取って、リーダー分くらいフォールの時間を置いてから、横方向のダートをさせます。
ちょうどヘビキャロみたいな感じっすね。
戻ってきたとき、天秤にエギがフッキングしていました。
ムキームキー

2投目、今度も危険なくらい飛びました。
フォールも完了して最初のダートをかますと、ズン!がっしりとフッキングです。
もちろんイカなワケありません、海藻かな、岩かな。

***

・・・というわけで、ジェットリグは2投で終了し、岬の反対側に立ち位置を変えることにしました。
岩場をテクテク歩きながら良さそうな穴をブラクリガルプでちょこちょこやっていったので思ったより時間がかかりましたが、なんとか追い風で沖目に投げれる場所に到着です。

目の前は海藻だらけですが、沖目はイカだらけに違いありません。
追い風に乗せて大遠投すると、見事に飛びます。
ライン処理をしてフリーフォールさせていると15秒程度でラインの出が止まるではないですか。
これはイカが抱いたに違いない、と軽くラインスラックを取って鬼アワセをするとガッシリとフッキングです。

・・・というわけで、どの方向にエギを投げても藻の嵐なので、ここで地磯ラウンド終了です。

***

地磯ラウンド結果:ベラ5匹(20センチ前後)

|

« 第5回トライアスロン神奈川大会 序章 | トップページ | 第5回トライアスロン神奈川大会 多摩川ラウンド »

釣り:その他ソルトルアー」カテゴリの記事

釣り:イカ」カテゴリの記事

釣り:トライアスロン」カテゴリの記事

コメント

混んでませんでした?
今日芦ノ湖で49cm46cm44cm43cm抜いてそのままシャクリぢゃい!と西伊豆行くも(芦ノ湖発9時半頃)なのに混み混みっすよ(-_-;)
そりゃヤル気失せて帰るってもんっすよ(T_T)

投稿: B-ひで | 2007/05/29 15:56

ひでさん

お疲れ様です。
相変わらずタフな釣行してますねえ。
今、西伊豆からの帰りですか?

それにしても芦ノ湖。
魚影が濃そうに見えてくるのが怖い(笑)
全部トップっすか?

日曜午後の真鶴からの帰りは全然混んでなかったっすよ。
帰宅したのが15時半過ぎなんで、ほぼ1時間ちょっとで帰ってこれました。

安全運転でお戻りください。

投稿: Open6E | 2007/05/29 15:59

ちゃいますよ堤防が混んでますねや(>_<)
トップは不発っす
チューンドクレクロ2発グォブォ!乗らず(-"-;)
他羽根物かっこいい出方したのにその前のキャストぶつけてスナップ開いてたらしく合わせた瞬間ルアーもってかれたし(|||_|||)
でもだいぶ無理やりぢゃなくトップ出てくれるよになってきたから良しですわ
今日は美濃とワンダー80だす(^O^)

投稿: B-ひで | 2007/05/29 20:02

ひでさん

あ、混んでるのは堤防っすか、失礼しました。
こっちは地磯なんで、磯遊びのファミリーやシュノーケラーは多かったですが、釣り人はあんまりいませんでしたよ。

トップ不発でも固いのに出てくれるんだったら楽しめますねえ。
そしてそろそろトップの季節っすか。
今年はバスやろうかなあ(恒例のカラ手形)

投稿: Open6E | 2007/05/30 10:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/15243175

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回トライアスロン神奈川大会 地磯ラウンド:

» 防波堤釣り [防波堤釣り]
防波堤での釣りに出掛けてみましょう。釣りの中では安全です。防波堤釣りの必要な道具や、魅力などの情報を提供しています。 [続きを読む]

受信: 2007/05/29 14:52

« 第5回トライアスロン神奈川大会 序章 | トップページ | 第5回トライアスロン神奈川大会 多摩川ラウンド »