« シンキングライン | トップページ | 東北遠征 »

2008/05/19

シーズン本格化?

さて先週末の話。

先々週末が雨で釣りに行けず(フライは行ったけど)、GWの余韻で渓流に行きたい気持ちが高まっていました。

が、それ以上に釣りに行けずに悶々と股間を押さえていた漢(おとこ)、ファンタジスタS君から
木曜くらいにお誘いが来ました。

実はS君、うちから徒歩10分くらいの多摩川河川敷のビニールシートハウス(違うって)に住んでいたのですが、このGWに10キロくらいあるところに引越しをしたわけです。
せっかくのGWは、一回だけ「カミさんとケンカしてキレて飛び出したフリして」(本人談)釣りに行きかけたけど、結局行けずだったらしく、もう暴発寸前とのこと。

で、ヤエン行きましょうとうるさいんで、日曜午前0時ピックアップで出撃しました。

***

S君の新しい家にピックアップに向かう車のフロントガラスには雨が打ち付けています。
まったくもってこのサゲチンが!と自分のことは棚に上げて呪いの言葉を吐きます。
が、ピックアップして高速に乗ったくらいには雨も止みました。

というわけで、いつもの現場に到着するとすごい車の数です。
そして釣り場に行くと、マジで今まで見たことの無い竿の数が出ています。
カンツリかよ、っていうくらい、5mおきにケミホタルが見えます。

春イカ本格化の噂が流れているみたいですね。
とてもじゃないけど、こんなとこに割って入る気がしないので、急遽移動を決意します。
移動先で活きアジが買えるかどうかわからないので、ホームグランド近くの釣具屋で1人4匹ずつアジを購入しました。

***

何せホームグラウンドでしかヤエンをやったことの無いウブなボクタンたちはどこでやるのか迷います。
結局、俺自身の実績はほぼ無いですが、ストックは多そうな大場所を選びました。

1時半に到着です。
現場にはエギ師が数名、ヤエン師が数名いますが、入れないことはありません。

一番端っこに入り、荷物を置いてまずはS君が投入です。
俺は隣のエギ師が探りながらジワジワと逆方向に移動しているので、それを待ち、ある程度のスペースができたら入ろうという考えです。

朝までに酔いを醒まさないといけないので、親のカタキのような勢いでビールと缶チューハイをたいらげ、スペースができた2時過ぎの時点で第1投です。
2回ほど投げなおしをしましたが異常ありません。

結局S君も俺もアタリが無く、俺としては4時過ぎに薄明るくなってきたころからが勝負だと考えて4時15分にアラームをかけ、仮眠に入りました。

***

4時ちょっと過ぎに「乗りましたぁ」とS君に起こされました。

なにぃ?と思って起きてみると、もうヤエンを入れたようで、ファイト中です。
このポイントは水深は結構あるのですが、海藻などのカラミはそれほどではないです。
(そういう意味では、イカ影はホームグラウンドの方が濃い?)
なので、じゅうぶん走らせて、慎重にファイトができるようです。

というわけで、4時15分くらいにS君、650グラムをゲットです。
2匹目のアジだそうです。
いきなりジーっと走ったりすることがなかったので、実はアタリに気づかなかったらしく、アジが泳いでいるかちょっと聞いてみたらなんとなく重かったので、寄せてみると抱いていたらしいです。

***

じゃあ俺も、と思って海面を見ると、すぐ目の前で俺のアジが腹を出して浮いています。
過労死です、気の毒です。
黙祷と敬礼の後、アジを投げ捨て(コラ)、次の決死隊を投入します。

モチベーションはアゲアゲです。

何度か投げなおしをした5時ちょっと過ぎ、何気なく見ていた竿先が止まりました。
もしかしたら、と思ってスプールをフリーのまま手で押さえてゆっくりと竿を上げてみると、ドラグが出ます。

来た!きた、キター!って生理じゃないんですからそんなに騒がずにS君に「来たよ」とクールに通告です。
思い返せば去年の12月中旬に部隊長さんと行ったとき以来のヤエンでのファイトです。

俺も速攻でヤエンを入れて、ジワジワと寄せます。
ついにモノホンのアオリと対戦することになったヤエンリールのドラグをかつ締めかつ緩めて(鴨長明風)対処します。
すげえ冷静、すげえクール。
そろそろかと思い、S君に「ギャフ、ギャフを用意してくれ」と目を剥いて要請します(全然冷静じゃない)。

***

F1000048

というわけで、今年初アオリは680グラムでした。
もちろん1.5キロの墨を吐いたので(定型文)、元々は2キロありましたが。

去年の年末以来のアオリです。
ヤエンに至っては去年の12月初旬以来です。

いや実は、速攻でシメてビニール袋の中に入れておいたのですが、写真を撮るのを忘れているのに気づいたんで、周りに気づかれないようにもう一度ビニールから取り出し撮影しました。
だから真っ白なんですよ。

***

さあこれで数はタイ、サイズは俺が勝っているという気分の良い状態です。

二人ともヤルキマンマンで竿先を見ています。
S君が4匹目のアジにチェンジしてしばらくして、俺の3匹目が周りのエサ釣り師に2回ひっかかったようでダウンしたので、4匹目投入です。

S君の最後のアジはかなり調子悪そうですが、望みを託して胸ビレカットで投入していました。
俺の方はビンビン元気です。

そして6時半ちょっと前に、何気なく見ていたS君のリールから「ジジ、ジジ」とラインが出ていました。
S君も気づいたようで、聞いてみるとやはり乗っていました。

0_1168

あまり引かない感じだったので小さいのかとおもいきや、なんと1030グラム、キロアップでした(撮影:ファンタジスタS君)。
ムキー!

やられた、今年初アオリに続き、今年初キロアップも家元にやられました。

***

アジがなくなったS君は、ソルトマンのタシナミセットからヒラメの泳がせ仕掛けに死にアジをつけて投入しています。

俺の最後のアジ、少し弱っていますが、胸ビレをカットしたらどうにか潜っていきますし、風や潮流も少し収まったので、最後の望みを託して投入します。

すると7時過ぎにこれまた「ジジ、ジジ」と微妙にラインが出ました。
さあヒットです。

最後の最後にドラマを演出、まさに千両役者です。
なんてステキ、なんて彫りが深い顔立ちなんでしょう。

神奈川ファンタジスタ流ですので、速攻でヤエンを投入し、寄せてきます。
が、なんと、結構手前(だが水深があるのでラインは出ている)で根ガカリしてしまいました。

ノー!
オー・マイルーラ!(なつかし)

結局、針とひん曲がったヤエンのみが回収されました。

が、慌てない。
こういうときは、速攻で投入すると半々の確立で抱き直しをするのです。
「S君、死にアジ、死にアジ!」と催促すると、「了解です、ちょっと待ってください」とヒラメの泳がせ仕掛け(死にアジだから泳がないけど)を巻き取りにかかります。

「・・・・根ガカリしました」

バカー!
このアンポンタンは、大事なところで根ガカリさせてやがります。
ものすごく竿をしならせていますが、回収不能なのは明白です。

***

というわけで、7時半過ぎ、終了しました。

結果は

S君:アジ4匹中、2ヒット2ゲット
俺:アジ4匹中、2ヒット1ゲット

となりました。

さすがは家元です。
つか、なんでしょうかねえ、あまり何も考えていないようですが、ヤツがバラすところってほとんど見たこと無いです。

俺はちょっと最後が尾を引いて完全に喜べない気分ですが、それでもゲットできたことは嬉しいっす。

***

さて、この日の、というかこの場所のイカは、アジを抱いて走りません。
竿先の生命感が無くなったり、ジンワリとラインが出るのがアタリのようです。

この場所は海藻が密集しているわけではないですが、そこそこ根ガカリポイントはあるようです。
そういう意味では、あまり早くヤエンを入れすぎず、ある程度イカを浮かせてからの方がいいかな、と思いました。
後の祭りですが。

***

結局帰宅したのが9時半過ぎで、釣具のメンテナンスをざっとした後、速攻でアオリをさばきました。

というのも、今まで俺はアオリの肝って食うことなかったのですが、こないだテレビで肝を刺身で食ってるのを見て、すげえ美味そうだったんで、今回は食おうと思っていたからです。

アオリの頭と胴を切り離し、墨袋より上を捨て、目の線より上を切り離しました。
肝はナンコツ(?)部分に覆われています。

これを輪切りにして、肝とナンコツのまま山葵醤油で食ってみると、うん、美味い!
たいていの肝は好きなんですが、これは美味いっす。
思ったより淡白ですし、しかもナンコツとのハーモニー(笑止!)がたまらないっす。

今まで何千杯(ウソツキ)と釣ってきたキモを全部捨てていたかと思うと悲しくて泪が出ます。
つか、なんで今まで食おうって気にならなかったんだろ。

***

というわけで、いよいよ春イカシーズン本格化を実感しました。

これからの1ヶ月から1ヶ月半、今年は遅れているからもしかしたらあと2ヶ月、ガッチリいきたいと思います。

|

« シンキングライン | トップページ | 東北遠征 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

釣り:イカ」カテゴリの記事

コメント

イイ釣りしてますね!
こちらは完膚なきまで叩きのめされましたが、
そのせいか?そのおかげか?無性にヤエンやりたくなってきました。
これから色々尋ねることもあるかと思いますが、ご教授願います。m(_ _"m)

投稿: まこ@釣庵 | 2008/05/19 22:09

まこさん
おお、いいっすねえ。
ヤエン、是非やりましょうよ。
いい加減な知識と乏しい経験でガッチリサポートさせていただきます。
感染しろ!悪霊!

投稿: Open6E | 2008/05/20 00:11

良い感じでヤエン釣法による春アオリのスタートを切りましたですね。春アオリあっちでもこっちでも始まっているので、これから楽しい釣りが出来そうですね。

あらためて、春アオリ今年初ゲットおめでとうございます。
先に獲られたのなら「ムキー!」でしたが、私も一応キロ半とキロもめをキャッチしているので、フムフムな感じ。新規開拓のポイントの様ですが彼処よりもう少し北方向ですかね。

投稿: 部隊長 | 2008/05/21 13:37

部隊長さん

知ってますよ、キロ半と泣きキロ。
その余裕がムキーっす。

今、急遽遠足を計画しています。
日程調整がかなり大変ですが、決まったら連絡します。

投稿: Open6E | 2008/05/21 13:44

あれ?自慢に聞こえました(笑)

普通のエギンガーに比べて天気、風、潮加減を見ながらやりたく成ったら、ポイと仕事を投げ出してシャクりに行ける私ですからね。
それにしても噂のT.Okamotoさんが連れてくる「釣れない神様」をはね除けての釣果ですから賞賛に値するかもです(笑)

奇襲をかける時には何時でもお伴いたします。
自宅は携帯圏外ですから昼間の連絡をお願いします。

投稿: 部隊長 | 2008/05/21 18:39

部隊長さん

自慢には聞こえませんが、余裕アリアリなのが手に取るようにわかってムキーでした(笑)。
つか、エギですもんね、そこがうらやましい。

釣れない神様とか嵐を呼ぶ漢(俺)とか、色々と祟られてますねえ(笑)

奇襲、決まったら連絡します。
(奇襲にならない)

投稿: Open6E | 2008/05/21 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/41257394

この記事へのトラックバック一覧です: シーズン本格化?:

« シンキングライン | トップページ | 東北遠征 »