« 真昼の情事 | トップページ | 弁ブルーズ »

2008/08/27

クセ者

俺が常々、ホークスへの愛情をアラワにしていることはご存知のことだと思います。
もちろん、ホークスもなんですが、酒飲みながらのスポーツ観戦っての、結構好きなんですよ。

***

昔、日ハムが東京ドームをフランチャイズにしていたころは、当時独身だった相方あたりと良く酒飲みに行きました。

当時(今もあるかも)の東京ドームのパリーグ戦(日ハム戦)には、内野ポール際の一角に「晩酌シート」と言うのがありました。
俺らは何か間違えて「酔いどれシート」と呼んでいたんですが。

で、この酔いどれシート、1800円でビールか酎ハイなどのドリンク1杯にツマミ1つの引き換え券付きで、しかもポール際とは言え、内野指定席なのです。
つまり、ビール800円+ツマミ300円を差し引いて、700円くらいで内野指定で野球が見れて、回が進むとジワジワとバックネット裏まで移動したりができるわけです。
(良い子のみんなは自分の席で最後まで見ようネ!)

しかもこの酔いどれシート、ビール等の売り子のチャンネエも営業スタイルが他とは違います。
普通なら、酒を飲みたいヤツが近くを通りかかったチャンネエを呼んでビールを買うワケですよね。

でも酔いどれシートの場合は、チャンネエから売り込みに来ます。
「そろそろオカワリいかがですか?」ってな具合で、完全プッシュ型営業です。

そりゃあ売り子さんにとっては、この一角はデフォルトで酒飲みが集まっているはずなんで、業績アップにつながる金の鉱脈なわけですね。

さらに球場サイドにとってもメリットはあります。
この一角にヨッパライを集めておけば、何かあってヨッパライが暴れだしたら容易に押し包んで一網打尽にできるではないですか!
恐ろしいっす、権力を持った側の考えは!

というわけで、当時はホークス戦に限らずチョクチョクと東京ドームに行っており、特にお気に入りのカード(ホークス戦を除く)は日ハム vs 近鉄でした。
なぜ日ハムvs近鉄かというと、日ハムには小笠原、近鉄には中村ノリ、この2人が一番イケイケの頃だったわけです。
この2人のフルスウィングを見るためだけに酔いどれシートに座ったもんです。

***

で、一昨日のこと。
スタジオを終えた後、オフィスやクライアント先には戻らずに、東京ドームに行きました。
なんでもほぼバックネット裏の巨人vs中日のチケットがあるとのことで、それじゃあ見に行きますか、となりまして。

巨人にも中日にも思い入れが無いんでどっちを応援するってわけでもなく、楽しみました。
まあ、あえて言うなら伊豆のオババが岐阜出身で熱狂的なドラゴンズファンなんで中日かなあ、ってくらいです。

で、途中で気づいたんですが、今、巨人には小笠原がいて、中日には中村ノリがいるではないですか。
俄然、楽しくなってきました。
さあ来い、フルスウィング!

が、2人とも歳を取ったのか丸くなったのか、いまいちバットは湿りがち。
打たなくていいから、振り抜けよ。

***

で、一番印象に残ったのが、後半に代打で出てきたこの男。
F1000101
わかります?
携帯カメラでしかもデジタルズームで粗いんでわかりにくいかもしれませんが。

この首が無くてヘルメットより顔がでかくて、異常なオープンスタンスでバットをやたら短く持つフォーム。
そうです、元ホークスの大道なんです。

携帯カメラじゃなくてデジタルズームじゃなくて粗くなくてもわからないって?
まあ、そりゃそうだ。

いつのまにかいなくなったかと思っていたけど、ちゃんと現役を続けていたんですね。
最近のプロ野球にはあまり見ない「クセ者」なんで、こういう選手がまだまだ頑張ってるってのはうれしい限りです。

***

と、グダグダとしながらも最後は巨人がサヨナラヒットと劇的な試合で、純粋に野球として楽しめるゲームでした。

|

« 真昼の情事 | トップページ | 弁ブルーズ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この前、私も久しぶりに東京ドームに野球を見に行って、
代打で出てきたこのヒトに同じく驚きました(笑)
やっぱり、特徴ある選手が好きですね。

投稿: まこ@釣庵 | 2008/08/28 23:45

まこさん、どうもです。

お、大道見ましたか。
驚きますよね、どう見ても大道なんで。

特徴ある選手、少ないっすもんね。
オープンスタンスだったら八重樫とか結構いたんですけどね。

投稿: Open6E | 2008/08/29 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/42288870

この記事へのトラックバック一覧です: クセ者:

« 真昼の情事 | トップページ | 弁ブルーズ »