« 全身筋肉痛 | トップページ | 秋イカ開幕? »

2008/09/09

マッチ・ザ・ベイト?

こないだの新サバ船で、イナダやカンパチなどの俺的にはセレブな魚が釣れました。

で、カンパチは金土日と3日間かけて刺身で食い、カマの部分は塩焼きにヘベスでたいらげました。

また、最大サイズのイナダは半身は残っていますが、カマとカブトと身半分は土曜にブリ大根にして食いました。
ブリ大根、大好物なんですが、やはり身は入れずにカマとカブトだけで作る方がうまいっすね。
ちょっとご不満。

***

で、本題なんですが、これらの魚をさばいたとき、イナダは胃の中から10センチくらいのイワシが出てきました。
ところがカンパの場合は5センチくらいのイカが沢山(ってほどでも無いですが)出てきたワケです(2匹とも)。

回遊しているとはいえ、同じポイント、同じジグ、同じアクションで釣れた2種類の魚、食っているものが違うわけです。
これを見ると、マッチ・ザ・ベイトって本当にアリなんかなあ、って思えてくるわけです。

ちょっと仮説立ててみましょう。

仮説1)
メタルジグ、イナダにとってはイワシに見え、カンパにとってはイカに見える。

仮説2)
どちらかの魚にとって(おそらくカンパにとって)、ジグはあくまでも捕食の対象ではなく、威嚇とかそういう対象である。

仮説3)
カンパの群れは遠くでイカを食ってて回遊し、たまたまイワシの群れに当たったんでイワシ食おうとしたら俺や宿敵Tのジグだった。

仮説1はちょっと荒唐無稽っすね。

仮説2は、アリかもと思えます。

仮説3もアリかも、なんですが、それだったらイワシ食ってるカンパが釣れても良さそうです。
カンパは2本とサンプル数が少ないので何とも言えないんですが。。

皆さんはどう思います?

|

« 全身筋肉痛 | トップページ | 秋イカ開幕? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

釣り:回遊魚」カテゴリの記事

コメント

音楽モードが一段落したらまたもやどっぷり釣りモードですね。たまには近々有るであろう総選挙について語ってみたら(爆)

こんな事言ってますが私の所は一年中釣りモードです。やっと釣行とブログのエントリーが追いついて来ました、もう一歩です。で、本題ですがカンパチとブリ(標準和名)のバイとした水深に違いが有りますか?私が思うに中層から下にカンパチ、中層から表層にかけてがブリな気がしています。堤防ジギングの時にジグの着底からジャークを始めて間もない時にヒットするカンパチが多い様に感じています。逆にブリはかなりしゃくり上げて来てからの様な感じ。(あくまでも私の思いこみ)
昼間のイカは深い所に沈んでいると思うのでカンパチの主食はイカ、ブリは鰯と成るのではないでしょうか。ちょっと調べてみたのですがカンパチの狙うポイントは潮通しの良い根回りと書いてあり、ブリの方は潮通しが良い餌の豊富な海域と書いてありました。共に大型になると底から3m位までがポイントの様ですがね。この仮設どうですか。

で、興味深い事が書いて有りましたカンパチの「3~4㎏級の小型の場合、子猫のように動きのあるものに興味津々。エサを躍らせて誘い掛けると積極的に食い付いてくる。」一度堤防でジグの後ろを3匹のカンパチがまるでメッキの様に付いてきた光景を思い出しました。
参考にしたのはダイワ釣魚図鑑http://www.daiwaseiko.co.jp/fishing/fish/index.htmlです。

投稿: 部隊長 | 2008/09/09 13:00

部隊長さん

相変わらず精密な分析ありがとうございます。
確かにヒットしたレンジについては書いていませんでしたね。

このときは、水深30mくらいと浅く、底を取ってすぐにジャカジャカ巻きで一気に巻き上げて来るとあっという間に水面なわけです。
なので、どれほどのレンジの差があったのかは正直覚えていません。

問題は(問題じゃないけど(笑))、仮に底付近がイカで中層から上がイワシだったとしても上記の仮説1とは思えないので、やはり仮説2、ただし威嚇ではなくジャレつき、すなわち部隊長さんも書かれているように「子猫のように動きのあるものに興味津々。エサを躍らせて誘い掛けると積極的に食い付いてくる」なのかな、という気がします。

何せオフショアは門外漢なもんで、普段からジギングとかをされてる方々にとっては、ごく当たり前のことなのかもしれませんね。
そのあたりが知りたいっす。

投稿: Open6E | 2008/09/09 13:26

直ぐ返事が返ってくるなんてちゃんと仕事してるの(笑)
確かに私もオフショアは専門外ですのでガセかもですよ。詳しい人から回答が得られて私の仮設がガセと判った時には沼に沈めてやって下さい。でリンクを貼ったつもりが「です。」入ってしまい上手くジャンプしませんね。(泣)

投稿: 部隊長 | 2008/09/09 13:37

部隊長さん

仕事していないと思われるのもシャクなんで、ちょっと時間をおいて返信です。
いや、仕事してないんすけど。

仮説、ガセってことは無いでしょう。
他にも色んなファクターが絡むのかもしれませんが、俺的には割りと納得です。

リンク先、後ほど見てみます。
とまた忙しいフリ(笑)

ありがとうございました。

投稿: Open6E | 2008/09/09 16:57

個人的には「仮説2」が一番近いかな?と。

そもそもジグをエサ、それもイワシやイカと特定して見ているか疑わしいですよね。
どちらの魚にとっても、たまたま「口を使ってみたくなる何か」なだけなのでは?

魚にとっての「口を使う」は、食、攻撃、好奇心…等、色んな意味があるわけで、
ジグの動きが何かのツボを刺激した…と考えます。

胃の内容物の違いは、部隊長さんの書かれてる「居場所の差」説に賛成です。

投稿: まこ@釣庵 | 2008/09/10 21:59

まこさん

どうもです。

俺の師匠筋2人にそう言われたら、仮説2で決定です(笑)
なんか、バスみたいですね。
あるいはネコみたい。

カンパを狂わすセクシージャークと名づけます、俺のシャクり。

ありがとうございました。

投稿: Open6E | 2008/09/11 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/42424344

この記事へのトラックバック一覧です: マッチ・ザ・ベイト?:

« 全身筋肉痛 | トップページ | 秋イカ開幕? »