« To me 2008 | トップページ | 最終戦 !? »

2008/10/09

ブラックスネークモーン

今年、春先からやたらと映画を見ている、という話は書いたと思います。
まあ、ここ数日は24ばかりなんですが。

今も相変わらず見まくっています。
が、もう何見たか記録したりエントリにしたりするのも面倒なくらい。

***

で、最近見た中で印象的だったのがブラックスネークモーンという映画。
出てくるキーワードは「セックス依存症」とか「監禁」とか、下半身に期待させるヤツかと思わせるんですが、内容はそんなにたいしたもんではありません。

この映画、ベースとなっているのがブルーズなんですよ。
ベースと言いながらも、サンハウス(こっちのサンハウスじゃないっすよ)が「ブルーズってのは」を語ったりする古い映像が挿入されたり、主演のサミュエル・L・ジャクソンが元ブルーズマンで、復活ギグをやったりと、表面にも沢山見えます。
その表面の部分は見なかったことにして、ストーリーとかと重ね合わせると、ブルーズというものの一片くらいは理解できるんじゃないかと思います。

ギグのシーン、サミュエル・L・ジャクソンがギターを弾く手元はあきらかにトーシロっぽくて吹き替え感バリバリですが、ウタはなかなかのもんです。
さらに、歌いながらの目つきとか、いかにも鉄火場育ちのブルーズマンって感じで、役者さんってのはすげえなあと思うわけです。

最後は、一応ハッピーエンド。
ちょっと釈然としないですが、こういう終わり方もアリっすかね。

|

« To me 2008 | トップページ | 最終戦 !? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/42724807

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックスネークモーン:

» 『ブラック・スネーク・モーン』と包摂 [論駄な日々]
最初は自由主義社会の「愚行権」を問う作品なのかと思ってハラハラしながら見たが、中盤以降からは社会的包摂やコミュニティという、いつものテーマであることが見えてきた。舞台はどこにでもありそうな米国の貧しい町(というか村かも)。幼少期の虐待でトラウマを抱えた白人少女と、妻を弟に寝取られた初老の黒人男がで会う。女はそのトラウマのため、村の男たちと手当たり次第に性交渉をもつ。ある日、性交渉の際に激しく殴打さ... [続きを読む]

受信: 2008/10/28 12:46

» ブラック・スネーク・モーン DVD [観たよ〜ん〜]
「ブラック・スネーク・モーン」のDVDを観ました〜♪ 公開中、劇場で観よう!って思ってた作品ですが、時間が作れずにスルーしてしまった作品です。 DVDが発売されて随分となるんだけど、なかなか手を出せなくて今日に至った感じです。 ハードなジャケットです!レジに立ってるのが、女性の店員さんだったら、ちょっと時間をズラして買おうか!?って迷うようなジャケットですねぇ〜♪(笑)でも、中身はいたって普通です。物語りの展開上、Hのシーンとかもちょっとありますけど・・・  うーん、あんな聖... [続きを読む]

受信: 2008/11/04 07:02

« To me 2008 | トップページ | 最終戦 !? »