« 三連休五目 - 結果篇 | トップページ | Season 5 »

2009/01/15

スルスル

毎回勇ましいエントリの割には、ホントにやってんの?ってくらいエントリはしていませんが、まあボチボチと釣りに行かない週末を中心に朝練やっています。

普段はフルラインのシンキングでやっているのですが、そろそろフライマンHN氏にもらったシューティングシステムを使いたくなってきました。

去年の10月以降、いつものバーの店長Qから「誕生日プレゼント(2008年分)何がいい?」って言われていながら決め手が無く答えを延ばしていたんですが、ちょうど上記タイミングで思いついたので、「#7-8くらいのラージアーバーのフライリール」とHN氏の言ったことをオウム返しに注文しておきました。
というわけで、2008年の年末が押し迫ったころに店長がフライリールをくれました。

***

HN氏からもらったシューティングシステムは、シューティングラインが100m、シューティングヘッドが9mです。

とりあえずもらったリールにシューティングラインを巻きますが、なんかキシメンみたいに扁平で、ものすごく張りがあって巻きにくいのです。
まあ、それでもがんばって100mを巻ききり、さてシューティングヘッドを連結しようと思ったのですが、うまく連結できません。
Webで調べてみるんですが、スプライサーでシューティングヘッドに穴を開けて、そこにシューティングラインをゆっくり通すってのがどうしてもできないのです。

とりあえずシューティングラインが100m巻いてあるリールとシューティングヘッドを会社に置いといて、HN氏が確実にバーにいる日に持って行って通し方を習うことにしました。

そんな感じで2009年を迎えたのです。

***

リールとラインを持って行ってなかったのですが、新年を迎えて、いつものバーに行くとHN氏がいました。
「店長にもらったリールにシューティングラインを100m巻いたのですが、すげえゴワゴワで巻きにくいっす」と言うと「100mも飛ばないんで30m×3くらいに切って使えばいいですよ。」とのことでした。

それならば、とシューティングラインを3等分して、33m33cm3mmをリールに巻くとこんな感じになってしまいます。

F1000001

なんつーか、カリ高すぎです。
これってどう考えてもバッキングラインが要りますよね。

この写真をHN氏に送ってみると「このリール、ラージアーバーじゃないですよ。とりあえず、ナイロンでいいんでできるだけ多めに下巻きしてください」とのことでした。

てんちょーさぁーん、ボクのリール、ラージアーバーじゃないってよぉー。

***

とまあ、こんな感じでこのリールにナイロンで下巻きしてシューティングシステムを巻こうかと思ったのですが、せっかくなんで別途ラージアーバーのリールを購入することにしました、もちろん安物を。

じゃあ、店長Qにもらったリールが余ってしまうので、これには以前HN氏にアドバイスもらったように1つ重い番手のWF7Fを買ってきて巻こう、と思い立ちました。

というわけで、先週末の釣りの帰り、近所で比較的フライも多く扱っている釣具屋に寄りました。
ラージアーバーの安いフライリールは無かったのですが、WF7Fの手ごろなラインはありました。
購入です。

***

今週、火曜は朝から人間ドックでした。
そのため祝日だった前日には早い時間にメシを食い、早い時間に寝たので、難なく朝練タイムに起きることができました。

初めてWF7Fのラインでキャストをしてみると、出る出るスルスル出ます、キモチイイくらい。
番手を1つ上げるとこんなに変わるもんなんですかねえ。
つか、元々のラインほんとに#6なんでしょうか。

***

週末、時間があったらカンツリにでも行きたいなあ。

|

« 三連休五目 - 結果篇 | トップページ | Season 5 »

釣り:タックル・小物」カテゴリの記事

釣り:淡水ルアーフライ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/43748022

この記事へのトラックバック一覧です: スルスル:

« 三連休五目 - 結果篇 | トップページ | Season 5 »