« 博多のシキタリ | トップページ | 遂に!(オリジナルタイトル:立ち食い勢力地図) »

2009/02/28

丸太そして恋

さて、朝7時から出撃し、今帰宅しました。

ターゲットはもちろん、先週のエントリで書いた「一雨来て次の大潮周りあたりから本格化」との予言が的中しているかどうかを見定めるため、マルタ狙いの多摩川です。

***

昨日よりは暖かそうですが、やはりまだ寒いですが、川を見ながらウェーダーに着替えます。
すると、そこらじゅうにモジリが見えます。
まあ、これは鯉っぽいですね。

川の様子はここんとこの雨で増水して少し濁りが入っています。

準備が完了して、しばらく待ってみると、瀬の下流の少し落ち込んだあたりで「バシャ」っといいました。
これがマルタかどうかはわかりませんが、モジリとは違う感じなのでとりあえず偵察射撃です。

***

数投流した後、ピックアップしようとしたら、「グン!」と重みが乗りました。
もちろん根ガカリです、ありがとうございます。
ゆすっても外れないので、反対側に回り込もうと歩みを進めると、深い!、危ないところでした。

無事根ガカリも外れて、再びキャストを再開しますが、バシャバシャどころかモジリも無くなってしまいました。

***

とりあえずこのポイントは異常ナシということで、去年の終盤にニゴイ混じりで何本か獲れたやや下流側の瀬に移動します。
しかしここは瀬過ぎて生命感がありません。

上流に移動しようかと思って後ろを見ると、排水がらみでタルミになっているところに鯉がウジャウジャいるではないですか。
パンはありませんが、イケそうな気がして、リーダーからカミツブシをはずし、オレンジ色でちょっと大きめのエッグを付けました。

このエッグ、やたらと浮力が強いんで、カンツリなんかで使うにはショットを付けないとならず、ちょっとメンドクサイので使ってないものです。
ところが今日は浮かせて使うので、ちょうど良いです。

アップクロスにキャストし(ただし5メートルくらい)、流してみますが、鯉の目の前や真上を流れても見向きもしてくれません。

何度も必死でキャストしますが、全然ダメ、気が付いたらティペットがキンクしていました。
とりあえずティペットを交換し、ちょうど良いタイミングなのでフライもエルクヘアカディス#12に変えました。

その直後の1投目、テトラのキワにカディスが着水し、イイ感じでゆっくり流れると少し遠目にいると思っていた60センチくらいのヤツが急浮上してきてボシュっと吸い込みました。
もちろん俺はビックリアワセです。
一瞬重みがかかりましたが、すぐに吐き出されてしまいました。

これで警戒されたのか、群れ自体が見えなくなりました。
結局この後数投で終了しました。

***

まずマルタですが、足を使ってポイントを探らないといけませんね。
そういう意味では、今日は偵察不足です。

あと鯉、とりあえず溜まり場を発見しました。
次回はパンを持ちこんでチャミング&パンプカをやります、フライで。

|

« 博多のシキタリ | トップページ | 遂に!(オリジナルタイトル:立ち食い勢力地図) »

釣り:淡水の餌釣り」カテゴリの記事

釣り:淡水ルアーフライ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/44197928

この記事へのトラックバック一覧です: 丸太そして恋:

« 博多のシキタリ | トップページ | 遂に!(オリジナルタイトル:立ち食い勢力地図) »