« お次の出番は | トップページ | パンクファッション »

2009/06/08

Got my mojo workin'

先週、週の半ばくらいに土曜未明からヤエンに出撃することに決めました。
同行予定は宿敵T
なんか、ここ最近、Tと約束するとことごとく雨なんですよ。

で、週末が近づくと案の定土曜は雨予報。
金曜の時点でそこそこの雨が降っています。
じゃあ日曜に、と思ったのですが、日曜は先週に引き続き朝7時から用事があるのです。

天気予報を2時間おきくらいにチェックしていたのですが、金曜23時の時点の予報では午前4時くらいから雨があがるというものでしたので、決行することにしました。

土曜午前1時半にTをピックアップし、ゆっくりと買い物をしてから一路東名を下ります。
が、現地が近づいてきて、そろそろ雨が弱まるんじゃないかという時間になっても一向に弱まる気配がありません。
その場で予報をチェックしなおすと、朝9時くらいまで断続的に降り続くようなものに変わっていました、オー・マイ・ルーラ。

朝10時くらいに納竿するくらいの予定でしたので、アジは各自7匹ずつ購入しました。

***

現地には3時半ちょっと前に到着すると、誰もいません。
Tがテントっつーかターフっつーか、雨をしのげるヤツを持ってきていたのでそれを設置します。
なかなか快適です。

ダラダラと準備をして、第1投したのが4時くらい。
すでにうっすらと明るくなってきました。

***

俺はヤエンです。
ニューロッドのデビュー戦です。
シマノのロッドが柔らかいのか、ダイワのロッドが張りがあるのか、正直1.5号と2号の違いは大してわかりませんでした。
ましてや、チューブラー穂先なんて、何がなんだかアッシには・・・

気持ち、アジのピクピクしている動きがわかりやすい気がします。
この思い込み、とても大事。

***

Tは今回、リュック仕掛けを試す、と言っていました。

仕掛けそのものは買ったとのことなんで、通販なのかと思ったら、リュック仕掛けではなく、単なるウキでの泳がせ仕掛けを買っていました。
要は、背掛け用の針に、ブランとカットウのようなのがぶら下がっているのです。

後から聞いたのですが、Tはこれがウキ釣り用のものとは知らなかったそうです。

いずれにしても2種類の仕掛けでやってみて、大差無かったら俺もカットウ仕掛けを借りてそっちでやろうと考えました。

***

1匹目のアジは、1時間ほど泳ぎ続けました。
一回上げてみると、Tの仕掛けにマツっていました。

まだ泳ぎそうではあったのですが、前の週にアタリがあった時刻だったので(もちろん潮は真逆なのですが)、あえてアジを交換して投入しなおしました。

するとほどなくアジの動きが止まって、チキチキとラインが出だします。
ロッドで聞いてみると、抱いているようです。

わりと近場を泳がせておいたので、ちょっと浮かせてすぐにヤエン投入です。
ヤエンを入れてから、ゆっくりゆっくりと送りこみました。

時間をかけて寄せてきますが、あまり走らないのでそんなに大きくないのかもしれません。
近くのはずがおなかなか浮いてこないと思ったら、突然猛ダッシュを始めました。

それでも、フッキングと思って強引にやると、いつものブルーズが待っているので、それでも丁寧に丁寧に寄せました。

やっと浮いてきたのはなかなかのサイズです。
キロいったかな?というくらい。

Imgp0827_640 Imgp0831_640

水面でかなり抵抗されましたが、無事ランディングに成功しました。
胴長は30センチをちょっと切るくらい。
なかなか太いので、もしかしたらキロかな?というサイズです。

腐れバネバカリで現場計測した結果、900グラムジャストでした。
家で測りなおしたらきっとキロいってるんでしょう、が、今回測り忘れて食ってしまいました。

さあ、俺のモジョが効いてきましたよ。
ニューロッドの筆オロシでナイスサイズですよ。
やっぱりチューブラー穂先っすよ、違いわからんけど。
1.5号は2号にくらべて全然使えますよ、違いわからんけど。

***

写真も撮り終えて、次の投入をしようとしたら、Tがファイト中です。

なんでも、アジの動きが止まったっぽかったので、竿を立てて聞いてみたらいきなり走り出したとのことです。
Tはそこそこドラグを締めて、強引に寄せにかかっています。
オートフッキング、強し!

難なく上がってきたのは、ジャスト1キロのオスでした。
ムキー!

***

なんとなく時合い感があるので、引き続き3匹目のアジを投入します。

すると、Tが俺を呼んでいます。
なんと、Tはバスロッドに12ポンドのナイロンというナメたタックルでエギを投げていたのですが、それにヒットしたみたいです。

何せTにとって人生2杯目のエギでのアオリ、しかも前回は3年以上前というセカンドチェリーボーイなわけです。
すごくドラグを緩めて一生懸命寄せていますが、どうも寄っていないみたいです。
ダッシュを見てみると結構なサイズだったみたいです。

結局、海藻に巻かれたのかテトラに潜られたのか、この大きそうなアオリはバレてしまいました。
けけけけ。

***

そして5時半くらい、俺の竿にアタリです。

何せすでに1杯言わしてますから、余裕です。
ちょっと浮かせてヤエンを入れようとロッドを置こうとしたら、テンションがかかってしまったみたいでいきなりギュイーンと走りだしました。

あわててポジションチェンジで間合いを詰めますが、これが災いしたみたいで、一応ヤエンを入れて聞いてみると、すでにアジを放した後でした。
すかさず再投入して抱き直しを狙いますが、後の祭り、バラシです。

***

それからは膠着状態に入りました。
アジは刻々と減っていきます。

Tの仕掛けはフリーのアジがカットウ針をぶら下げて泳ぐので、根ガカリするみたいで、1つロストしていました。
さらに、Tの仕掛けにウツボがかかったみたいで、残り1つの仕掛けもロストしてしまいました。

***

7時を過ぎたころ、近隣でエギをやっていた人に600くらいがヒットしました。
下げ7分の時合い到来か、と思っていると、俺の竿にヒットです。

先ほどの失敗を教訓として、少し待ってからゆっくり寄せにかかり、頃合いを見てヤエンを投入したのですが、あっさりと放され、ちょっと頭をカジられて戻ってきました。
これも抱き直しナシです。

***

結局この後、10時半過ぎまでがんばったのですが、俺にもヤエンに変えたTにもアタリはありませんでした。
かつ、周りの人にもアタリは無かったです。

大潮だけに、時合いが短いんでしょうか。

結果、俺がヤエンで3ヒット1キャッチ(900グラム)+ウツボを2バラシ、Tがカットウ1ヒット1キャッチ(1キロ)+エギ1ヒット1バラシ+ウツボ1バラシでした。

カットウ仕掛けは、やはり泳ぎが不自然になるのか、あるいはアオリが違和感を感じるのか、ヒット数は少なかったです。
(非常に母集団の少ないサンプルですが)
ただ、ヒットすれば、高確率でランディングまでもちこめるのは間違いないです。

あと、根ガカリが多いです。
これはリュック仕掛けにすれば解消されるかもしれませんが。

つまるところ、ガッチリと時合いで、アオリの食い気が盛んなときは、カットウ仕掛けやリュック仕掛けで効率良く取っていく方が良いかもしれませんが、アオリがセンシティブな時には、やはりヤエンの方がヒットに結びつきやすい、って感じだと今時点では結論付けています。

あと、やっぱりヤエンの緊張感ってのがたまらない部分もあるんですよ。
というわけで、一応、この手の仕掛けもこっそり持ちつつ、ヤエンでいこうと思いました。

***

ちなみに昨日日曜は、俺とTのレポートに触発されたファンタジスタS君が単身出撃したそうです。
結果、こんなメールが来ました。

=============================
昨日のイカの写真って、合成写真ですよね。
周りも含めて、昨夜から一度もアタリがありませんでした。

稀に見る惨敗です。

いつもの場所より左側に入り、ウキ泳がせ、ヤエン、エギの三刀流。
アジ15匹死亡。

ここら一帯、アオリの全滅を確認しました。

今、泣きながら撤退中!
=============================

けけけけ。

|

« お次の出番は | トップページ | パンクファッション »

釣り:イカ」カテゴリの記事

釣り:タックル・小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/45274326

この記事へのトラックバック一覧です: Got my mojo workin':

« お次の出番は | トップページ | パンクファッション »