« 痛恨の巨根 | トップページ | リュックをカラって »

2009/06/01

道具道楽者の理由

昨日のエントリで書いたように、良型(と思われる)アオリをバラしました。
なんつーか、時々タメイキを吐くくらいの痛恨事なのです。

***

朝7時からの用事を終え、昼くらいまで仮眠をとりました。
目が覚めて、ちょっと時間があったので、釣具屋に。

最近、釣具屋に行くこと少ないんですよ。
自分の中で必要なタックルはある程度揃ってきた、あるいは必要なルアーなどが決まってきた、というのがあえて言うなら理由なんですが、実際のところは深い理由があるわけではなく、なんとなくブラブラと釣り具を見ることが少ないのです。
ただ、昨日は久しぶりにダラダラと各ジャンルを見渡しました。

磯竿の置いてあるところに行くと、ダイワの竿が安売りしています。
その中に、リバティ アオリイカというのがありました。

俺は現在、シマノの安い磯竿を使っています。
この竿を買うときのエントリで書きましたように、そのときは1.5号にするか2号にするか迷いました。
このときは結局、ホームとしている場所は海藻がすごいので、かかった後にパワーがある方が良いとの理由で2号にしました。

ヤエンをやっていて、現場で会う人会う人、俺の竿が2号だと話すと「2号かよ、硬すぎるよ」と言うわけです。
1.5号や1.2号を使っている人の理屈は、竿が硬いとアジの弱りが早い、アオリが違和感を感じやすい、などなどなんです。

が、俺自身、2号を使ってヤエンをやっている上で「硬すぎる」とか「アジの弱りが早い」とか感じたことは1度も無いのです。
つまり不便はしていないのです。
普通の俺なら「こんな竿もあるんだ」くらいでスルーするんですが、数時間前に痛恨のバラシをした俺にとって、この竿はものすごく魅力的に思えたのです。

5.1mという、ちょっと短く、かつバトルゲームと同じ長さだということも、何がメリットなのかわからない「チューブラー穂先」だということも、普段なら何とも思いません。
が、このときの俺は、久々にムショから出てきて生身のチャンネエを肉眼で見た男と同じ状態なわけです。
ごく普通のチャンネエがこの世の物とは思えない絶世の美女に見えるのです。

フラフラと手に取りかけました。

が、ここはシブチンの俺なので、一旦気持ちを落ち着かせます。
帰宅して通販サイト見て、そっちが安かったら頭を冷やした時点で買うかどうかを決めればいいやん。

まあ、一応、携帯からナチュラムで価格を見てみました。
なんとこの店、ナチュラムより5,000円くらい安いやん。
現品、1.5号の残りは1つしかありません。

***

というわけで、ニューロッドが手元にあります。
今後はこっちがメインウェポンになりそうです。

道具道楽の人が「つい買ってしまった」と言いますが、こういうことなんすね。

|

« 痛恨の巨根 | トップページ | リュックをカラって »

釣り:イカ」カテゴリの記事

釣り:タックル・小物」カテゴリの記事

コメント

まさにその通りです。

昨日河津川に行ってきました。けっこう渋かったです。
エントリーは例の如く何時になるか解らないのでとりあえず報告です。

投稿: 部隊長 | 2009/06/01 18:29

うーん…。
道具道楽的には「つい買ってしまった」という感覚って無いですね。

「とりあえずイッとけ」
「あとのことは買ってから考えよう」

そんな感じ…かな?(笑)

投稿: まこ@釣庵 | 2009/06/01 22:54

いやいや皆さん
店から出たら
すでにレシートと共に持ってたって奴ちゃいますsmile

投稿: B-ひで | 2009/06/01 23:39

> 部隊長さん

河津、シブいっすか。
どのコースだったのか、などはエントリをお待ちしております。

去年、7月は気持ちよく釣れたんですけどねえ。


> まこさん

俺も、最初から買うつもりのものは、現場で迷ったら「とりあえずイッとけ」「あとのことは買ってから考えよう」となるんですよ。

今回は、ナチュラムより相当安かったことでスウィッチが入りました。
俺の周りの道具道楽の人間は今回の俺のような「そんなつもりじゃなかったのに」パターン多いっす。

> ひでさん

それそれ、それっす。
あれ?俺万引きしてきてしまったかな、みたいな。

投稿: Open6E | 2009/06/02 10:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/45201850

この記事へのトラックバック一覧です: 道具道楽者の理由:

« 痛恨の巨根 | トップページ | リュックをカラって »