« どアウェイのライヴ終了 | トップページ | ロカビリーと耳鳴りとトムウェイツ »

2010/04/16

沖縄初上陸

予告編エントリで書いたように、4/2金曜から4/5月曜まで、沖縄に行って来ました。

周囲に沖縄出身の人間や沖縄カブレが多いので一時期は2週間に1回くらいは沖縄料理を食うくらいでしたが、実際に沖縄に行ったのは初めてでした。

サゲチンの俺のこと、もちろん天気は悪かったですが、釣りだけではなく色々と楽しむことができたので、すっかり沖縄カブレになってしまいました。
つか、俺の場合、国内海外を問わず、どこに行ってもそこが好きになるんですけどね。

***

別エントリにも書いたように、今回釣りはメインではないのですが、ちゃっかりと釣具も持って行きました。
8フィート3インチのエギロッドとイカギャフをロッドベルトで縛り、ロッドケースに入れました。
あとは2506のリールにPE0.8号、リーダーは8ポンドとまんまエギタックルですが、念のために20ポンドと30ポンドのリーダーも用意しました。

ルアーに関しては、エギを数本、ペンシルとポッパー、7-8センチのミノー、20グラムくらいのメタルジグ、これらをエギ用のバッグに入れました。
基本的には装備はこれだけです。

***

那覇に到着後、一気に南部を観光し、20時くらいに恩納村のホテルにチェックインしました。

Imgp1113

いわゆる、観光はこの日以外は最終日の美ら海水族館くらいであとはプールやシュノーケリングやスキューバなどの「水がらみ」のアクティビティを計画しています。
釣りに関しては、朝夕の空き時間にやらかそうという方針です。

翌日土曜はスキューバに行くつもりだったのですが、降ったり止んだりの雨のために水が結構濁っているようなので難しいと判断し、のんびりと過ごすことにしました。

***

土曜は5時に起床し、早速釣りに出撃です。
曇ってはいますが幸運なことに雨は降っていません。

5時半前に車に乗り込んだのですが、東京に比べて日の出が遅く、明るくなるまで30分近く待ってから出発です。

まずはカーナビで近くの河口を見つけながら走ります。
川そのものは結構あるのですが、降りていける河口はそれほど多くなく、5キロくらい走った後によさそうなところを見つけました。

大体、初めて行くポイントというのは駐車スペースに迷うのですが、国道58号線沿いには路肩に駐車スペース(Pマーク)がそこそこありますので、よさそうな場所をみつけたらその前後を少し探してみると良いかと思います。

まず最初のポイント、河口部ちょっと上の橋近くを狙ってみました。
少し足場が高いのでTDペンシルだとうまく動かすことができず、ポッパーに変えました。
時々、いわゆる渓流のライズのような現象があるので期待しますが全く反応はありません。

100403_070001

今度はミノーに変えて河口ギリギリまで歩いていき、膝下まで立ち込んで四方八方にキャストしますが、これまた反応がありません。
結構水面や水中にゴミが多く、それをフックが拾ってくるのでストレスが溜まります。
しばらくやって、状況が変わらないので移動しました。

次に入ったところは河口近くのサーフで、石の突堤が沖に張り出しているところです。
ここからミノーを投げますが風が強くなってきてキャストしにくく、バイブレーションに変えると水深が浅くて釣りにくいです。

ちなみにこの時間は上げの4分くらいです。

結局メタルジグにチェンジしました。
キャストしてカーブフォールでもあっという間に着底するので、まずは表層近くからタダ巻きで引いてきます。
何投か後に「何か触った」感があったのですが、気のせいレベルのようでそれ以降同じくらいのレンジを探っても何も変化はありません。

そうこうしているうちに風が爆風に変わり、その後激しく雨が降ってきました。
8時くらいになったのでここで終了です。

***

ホテルに戻り、朝食を取った後に軽くうたた寝をした後はジムに行きました。
ランニングマシーンで10分、チャリンコマシーンで20分、その他機材使ってトータルで1時間くらい体を動かしました。

その後、プールに移動したのですが、「ひとり水泳部」は今年に入ってからほぼ休部状態でして、1キロ泳いだ時点でフラフラしてきたので終了しました。

翌日のスキューバですが、さらに透明度が落ちていて期待できないとのことなので、コンシェルジェに行き相談したところ、雨に濡れるでしょうが、という前提でカヤックを操ってマングローブ探検をすることにしました。

ついでに「この辺でパリオカで釣りができる漁港ライクなとこ」を尋ねると、ホテルマンの釣り師に聞いてくれました。
名護港というところが良ポイントらしく、かつ途中の釣具屋も紹介してくれました。

俺はあんまりバリバリと予定を入れて観光するのって好きじゃないので、コンシェルジェという仕組みは便利です。
もっとも、海外に行ったときも釣具屋の場所を聞くくらいなんですが。

***

コンシェルジェを出た15時くらいには日が照っていました。
すかさず名護港に出撃です。

途中で紹介してもらった釣具屋に寄って状況を聞いてみると

  • アオリは先日まで3キロ4キロが出ていたが、今は型も数も落ちてきていて、出ても800グラムから1キロくらい
  • メッキは15センチからせいぜい20センチくらい、5センチ以下のミノーかワームが吉、トップウォーターは期待できない

とのことでした。
見るからに観光客な俺に対して随分と正直です。

***

名護港は、外向きの堤防にところどころフェンス付きのスペースがあり、釣りをしやすい場所です。
現地にはルアーマンはおらず、何かブッコんでゴロゴロ寝ている釣り人が数人いただけでした。

この時間の潮はほぼ下げ止まりなのでやたらと浅いです。
水がきれいなので、根の位置がよく見えます。

まずは3.5号のエギをセットし、キャストします。
風が強いのでラインが膨らんでしまうので、慎重にフォールをします。
この風だとカーブフォールでも着底を感じにくいです。

二投目、根と根の間をうまく通るコースにキャストしました。
ファーストフォール後にハイピッチショートジャークを3連発した後にギリギリまでフォールをしていると、ラインがフっとフけました。
すかさずビシっとシャクります。
ジーーーーー。

もちろん根ガカリです、ありがとうございます。
しかも海草というよりはモロに岩なので、ガッチリをはまってしまって抜けません。
早速のロスツです。
想定内想定内、ナンクルナイサー。

やはりこの水深だと3.5号は怖いので、今度は3号にチェンジです。
色々とカウントダウンをして大体の感覚がわかりました。
数投の後、少しガマンして深めにフォールをした直後!
ジーーーーー。

今度ももちろん根ガカリです、ありがとうありがとうありがとうございます。
ま、まだまだ想定内、ナナナ、ナンクルナイサー。

少し横のテトラ帯を見てみると、テトラ帯5メートルくらい沖に子イカが数杯見えました。
ロスツ直後だったために悪魔に魂を売り、2.5号のエギにチェンジです、サイト勝負です。

もちろん相手にされないので、正面沖目にキャストしますが、何せ2.5号ですので着底感もシャクり感もありません。
漫然と数投しながら余所見をしてシャクっていると、ごく微妙な違和感がありました。
その方向を見てみると、エギの位置に墨が貯まってます。
かつ、エギを回収するとなんかイカの粘膜みたいなのが着いてました。
どうも、イカパンチした瞬間にシャクって微妙にブッキングして驚いて墨を吐いて逃げたようです。
これはバラしと言うのかな?

ちょっと気合い入ったんで正面方向にキャストしてじっくり沈めて何投か攻めてみました。
かなり風が強くなってきたころ、テンションフォールをしながらギリギリまで落としてちょうど良いくらいで鋭くシャクリました。
もちろん根掛かりですロスツです、ありがとうございます。
ナンクルアルサー。

***

その後は横風爆風になり、とてもエギじゃ難しいので港内のヨサゲなポインツに移動です。

船道なんで水深あるんじゃないかと思い、またエギを3.5に変えて激しくシャクってみました。
すると、エギに15センチから20センチ無いくらいのメッキが大量にチェイスしてきます。

チャンスタイムきたこれ。
すかさずアスリート7Sイワシカラーに変えます。
周りの「物より思い出」系親子観光客釣り師がびっくりして見るくらいの鬼トゥウィッチングマチコ先生でゴキゲンを伺いました。
もちろん、特に異常なしです、ありがとうございます。

結局しばらく色々やってみましたがここでタイムアップ。
(多分)アオリ1バラシ(?)という結果でした。

***

この週末は午前中に満潮が来るので、翌日日曜は朝10時集合でカヤックです。
今までカヤックに興味はあったのですが、なかなかやる機会がなく、初挑戦でした。

Imgp1162

目線が水面に近く、思ったよりも小回りが効いてものすごく楽しかったです。
カヤックで釣りをしてみたいと思いました。

***

最終日は定番の美ら海水族館です。

旭山動物園も良かったのは良かったのですが、そんなにシビレるほどのものではなかったのですが、ここ美ら海水族館はシビレました。

Imgp1282 Imgp1284

水の近くで魚が見えるってだけで俺は嬉しいのかもしれませんが。
メジ!とかGT!とか、魚が近くに来るたびに連呼していました。
まるで電車の車両とか車の名前を全部覚えているガキみたいでした。

その後、昼過ぎから那覇に移動し、国際通りをぶらついて夕食をとった後、20時くらいのフライトで帰ってきました。

***

というわけで、駆け足の割には長いエントリですが、この手の旅行にしては相当楽しめました。
沖縄に関してはものすごく好きになってしょっちゅう行く人がいるというのもうなずけます。

食べ物は、ランチはほぼ毎日沖縄ソバにしました。
コーレグースをたっぷり入れて店ごとに違う味を堪能しました。

Imgp1186

夜はホテルで食うのはもったいないので、近くの居酒屋に行ったり、ちょっと足を延ばしてアグー豚のセイロ蒸を食ったりしました。

***

観光は、もういいです。
だいたい一通り行った気がするんで(ほんまかい!)、次からは行くごとに1つ行ったことないところに行く程度で十分だと思っています。

逆に足りなかったのは、海がらみ。
天気が悪かったのでしょうがないですが、ダイビングやシュノーケリングもやりたかったし、カヤックはもうちょっと長時間やってみたかったです。

***

釣りも食い足らなかったです。
結局2日目の朝マズメ2時間くらいと夕マズメ2時間くらいしかできませんでした。

釣果はボウズですが、魚っ気とかイカっ気を感じることができたので、次への望みが出ています。

タックルは基本エギタックルでいいのかもしれませんが、もうちょっと短めのタックルや、季節によってはもうちょっとヘビーなタックルも季節によっては要るかもしれません。

***

いずれにしても、今はすっかり沖縄ホームシックになっています。
ああ、早く沖縄に帰りたい。

|

« どアウェイのライヴ終了 | トップページ | ロカビリーと耳鳴りとトムウェイツ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

釣り:イカ」カテゴリの記事

釣り:回遊魚」カテゴリの記事

コメント

あ~ぁ
とうとう禁断の遊びカヤックに乗っちゃったのねsmile
楽しいっしょsmile
今年結構安いモデル出てるからイッてしまいなすぁいsmilesmilesmile

投稿: B-ひで | 2010/04/18 04:44

ひでさん

どうもです。
カヤック乗りながら、そしてこのエントリ書きながら、ひでさんのこと考えてましたよ。
ああ、こりゃあハマるよなあ、と。

まあ、買うとかそういうのはまだ先として、ちょっと釣りをできる機会を探してみたいと思います。

投稿: Open6E | 2010/04/18 18:48

お疲れさまでした。

>ああ、早く沖縄に帰りたい。

とってもよく分かります。(^_^;)
沖縄に行く度に、帰ってからしばらくそう思います(笑)

さて、釣り。
一言で言っちゃって、釣り的にはちょうど微妙な時期だったのでは?
なんか、すべてのターベットの端境期のような?
でもいつがベストなのか?は、私もイマイチ分かりません。(;´Д`)

カヤックは楽しいですよね。
↑の某氏のおかげで私は釣りも体験しましたが、
乗った後は真剣に購入プランを練りましたもん(笑)

投稿: まこ@釣庵 | 2010/04/18 22:05

まこさん
どうもです。

「帰りたい」という気持ち、わかっていただけてうれしいです。

釣りに関しては、まさにおっしゃるとおり、後から調べてみると端境期だったみたいです。
知り合いと話していて、釣りはしない人なんですが、沖縄のベストシーズンは6月から7月くらいだ、とのことなんで、次はその頃に行ってみようと思っています。

カヤックは・・・・欲しいっす。

投稿: Open6E | 2010/04/20 20:27

(^凹^)ガハハ
楽しいよねぇsmile
なぁんて単車潰して入院先の病院のベッド上から書いてみたりしるsmile
心配ご無用だかんねぇ~

投稿: B-ひで | 2010/04/22 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/48098803

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄初上陸:

« どアウェイのライヴ終了 | トップページ | ロカビリーと耳鳴りとトムウェイツ »