« スマホ調査 | トップページ | チャリナマ »

2011/06/29

最北端

書くことが溜まっています。
まだ6月半ばの釣行です。

とある金曜日、昼過ぎに相方から連絡がありました。
翌日土曜が終日フリーらしく、渓流同行へのオファーでした。

この2週ほど前に相方と宿敵Tで南会津方面に出撃したらしく、とても良い釣りができたとのことです。
俺の時間が合うようだったら同じところに行かないか、との話で、いきなりムラムラしました。

無理矢理に都合をつけて、土曜の午前1時に相方にピックアップしてもらい、出撃することにしました。
俺にとって、今までの人生で釣りをした場所の中で最北端になります。

***

車は順調に東北自動車道を走りました。
予報では、夜半過ぎに雨が止むとのことでしたが、そこそこ強い雨が降り続いているのが心配です。

現場に着いたのは4時過ぎでした。
まずは入漁券を買い、阿賀川支流に向かいました。

***

[5:00-7:00 戸石川]

ここは狩野川支流の冷川のようなボサに囲まれた里川風情の川です。

まずは開始してすぐに相方が1本バラシました。
本人はオートリリースと言っていましたが。

その後俺も1バラシです。
なんか、あっさりヒットしたので、ちょっと雑すぎたようです。

一旦退渓し、少し上流に移動しましたが、相方がもう一回バラシたのみで俺はノーチェイスノーヒットでした。

相方は、フォールディングネットを使っています。
手元まで寄せた後にネットをうまく取り出せないみたいで、モタついてバレる、というパターンのようです。

***

[8:00-11:30 阿賀川本流]

狩野川本流よりは少し規模も小さく、流れの押しも狩野川ほどではありません。

7フィートのタックルも持ってきていたのですが、ショートタックルで臨むことにしました。
この規模だと、6フィートくらいのロッドがあるとちょうど良いかも。
また物欲がムラムラきます。

入渓点近くに堰堤があり、そこを並行引きしていた相方にヒットです。
ちょうど下流側にいた俺がネットを入れました。
20センチちょっとのヤマメをキャッチです。

さらに少し上流の瀬からのヒラキ付近で、相方がヒットさせました。
足場の高いところにいたので、抜き上げたのは26センチのナイスサイズです。
俺がちょこちょこ攻めて諦めた後の場所だったので、やたら悔しいです。

テンションが上がってきたので、どんどん釣り上がります。
水中に岩があり、水量とそこそこ太い流れがある、俺の好きなタイプのポイントに来ました。

ここでアップクロスのミディアムトゥウィッチをかけるとヒットしました。

Imgp0757_640

落ち着いてキャッチしたのは24.5センチの幅広のヤマメでした。
ルアーはアレキサンドラ50Sのオレンジ金でした。

ただこの魚、成魚放流のようで、ヒレがやや丸いのです。
もしヒレピンなら25センチはあったと思います。
相方にヒレの話をすると、やはりさきほどの26センチもヒレがやや丸かったとのことです。

結構雨は強いですが、退渓のことも考えずにグイグイ進みます。
結局、かなり上まで釣り上がりましたが、俺はその後ヒットなしでした。
相方は何本かヒットさせていたようですが、すべてネットインでバラシていました。

***

一旦退渓して、休憩をしました。

ソバ屋に行ったんですが、田舎風の作りで、俺のイメージする東北そのものという感じでした。
マイタケと山菜のテンプラソバを注文し、あとはビールをアカハラのカラアゲです。
携帯で撮った写真なんで、画質が悪いですが。

Kc3i0101

このアカハラというもの、一体何かと思っていたんですが、体長10センチちょいのウグイなのです。
が、婚姻色のオレンジが出ているので、アカハラなんですね。
要は、マルタの小さいヤツなんです。
マルタ食うのか、俺!?

Kc3i0100

囲炉裏にも串にさされたアカハラが一杯あることでわかるように、このあたりの名物というか伝統的な食べ物みたいです。

Kc3i0099

カラアゲは丸のまま上げられているので頭からそのまま食べます。
その肝心の味ですが、ちょっと苦味があり、その苦味がビールになかなか良く合います。

あとは、暖かい味噌汁を出してくれたりツマミを出してくれたりと、ビールをジョッキで二杯飲んでしまいました。
ソバもテンプラも文句無く美味かったです。

ソバ屋を出たら、雨が上がって日が照っています。
とりあえず車で1時間半くらい昼寝をして、午後の釣りに備えました。

***

[14:00-15:00 桧沢川]

ここは釣り人でもあるソバ屋のご主人に「尺ヤマメが釣れる」と教えてもらった川です。
水量はそこそこあり小魚も多いのですが流れがあまりなく、二人ともノーバイトでした。
釣り人というのはどこでも同じです。

***

[15:30-16:00 阿賀川]

午前に入った本流よりも上流にあたるところです。
のっぺりとした砂利底でイマイチの渓相です。

が、魚は結構いるようで、相方が1バラシの後、俺も1バラシでした。
サイズはあまり大きくなさそうです。

***

[16:00-19:00 阿賀川]

そろそろ最後の1本になりそうなので、本流をやることにしました。
午前本流のちょうど下流部にあたるところです。

川に入ってすぐに、クロスへのロングキャストでU字を描かしているときにヒットしました。
ダウンやU字のときは掛かりが甘いことが多いので、流れに乗られるのも構わずゴリ巻きでランディングをしました。

22センチくらいの、午前のよりはちょっとマシなヒレをしたヤマメでした。
写真を撮ろうとしたら水に漬けているネットの中で跳ねて、逃げられてしまいました。

その後同じパターンで沈み岩の裏でU字を描くように攻めてみると、再度ヒットです。
これまたゴリ巻きで寄せますが、結局流れを横切るときにバレてしまいました。

この区間、水量、流れ、水中障害物ともに悪くありません。
ここぞという区間があったので、キャスト→サミング→ライン処理→泳ぎ出しの処理→トレースライン→トゥウィッチ→回収という一連の流れを黙々と行い、ポイントを細かく刻みました。
もう最後の最後という気持ちがあったので、一投一投を丁寧にやり、何100投もした気分でしたが、結局ヒットはしませんでした。

18時を回ったあたりで、そろそろ上がろうよ、と言っているくらいに相方が20センチくらいのをキャッチしました。
すげえ執念です。

結局、その後薄暗くなるまでやり、19時くらいに終了としました。

***

相方はランディングのバラシがとにかく多かったですが、10本とは言わないにしても、結構な数をヒットさせていました。
ああいう川、流れの強さとか地形とかが得意ってのもあるのかと思いますが、やっぱり執念が違います。
飽きないし集中を切らさないし。
俺、流れの感じとかがダメだったら、すぐにヤルキなくなるもんなあ。

俺の方は、結局、5ヒット2キャッチと遠征して1日中やった割りにはイマイチな結果でした。
サイズも大きめは成魚放流でヒレは丸いし。
渓相にしても、河津の方が断然好きだし。
そういう意味では、伊豆も含めた関東の川と比べて、手放しで東北勝利という気にはなりませんでした。

が、なんつーか、旅気分が楽しいのです。
知らないとこに行って、知らない川に入って、全く言葉が通じない老人と話して(マジでヒアリングできませんでした)、ってのが楽しいのです。

逆に言うと、そういう意味では伊豆はもう俺の中ではホームなんですね。
河津は一番好きな川ですし、狩野川も慣れてきてはいますが、さすがに新鮮ではないんです。

いずれにしても、俺一人だったら遠征しようとかは間違いなく思わなくて、一日時間が取れるんだったら多分河津とかに行っていたんでしょう。
が、幸いにも相方が声をかけてくれたんで、この遠征が実現しました。
プランも用意してくれて、車も運転してくれて、と大感謝です。

もう一回この川に行きたいかと聞かれたら「機会があれば行ってもいいかな」という程度ですが、色々と遠征はしたいと思います。

|

« スマホ調査 | トップページ | チャリナマ »

釣り:渓流ルアーフライ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/51946872

この記事へのトラックバック一覧です: 最北端:

« スマホ調査 | トップページ | チャリナマ »