« 最北端 | トップページ | 倶楽部活動再開 »

2011/07/01

チャリナマ

これまたとある日曜日のことです。
昼過ぎにおなじみ店長Qとメールをして、夜時間があれば出撃しよう、ということになっていました。

いい加減ファンタジスタ川ではなく、多摩川の調査も続行したいと思っていました。
ところが、この週は平日にずっと雨が降っていて、多摩川の増水が予想されました。
結局、影響の少なそうなファンタジスタ川に行くことになりました。

***

自宅を出ると、店長からメールで今から1時間後くらいに到着するとのことです。
現場について先に入るのも悪いんで、多摩川で車を停めてすぐにできるところでちょっとやろうかと思ったところ、一つポイントがひらめきました。

一度昼間にチャリでずっと見てみたウチから2~3キロのところにある多摩川の支流です。
川幅は極めて狭いですがなかなかヨサゲだったと記憶しています。

とりあえずここに行ってみて、30分やってからファンタジスタ川に向かうことにしました。

***

この川、岸沿いに遊歩道?のようなものがずっとあり、階段で降りていけるのでアプローチは楽です。
車を停めて、すこし上流に歩いていたのですが、近くにあるラーメン屋の匂いが結構濃いです。

合流点があったので、その少し上から入ってみました。

住宅地の近くのわりに、川幅がせまく周囲が高いのでかなり暗いです。
両岸ともボサがあって、かつ水中や水面に顔出している岩も沢山あります。
水深は膝下くらいで、ちょうどヨサゲな流れもあります。
これって、ナマズがいる/トップウォーターで釣れる条件を満たしています。

ただ、川幅が狭いです。
大げさに言うと、手を伸ばして対岸のダウンを引けそうな感じです。

岸近くで準備をしていると、ナマズらしき捕食音がしました。
やっぱりいる!と思い、物音を殺して準備を進めました。

とりあえずキャタピーをつけて、ひょいっと怪しげなところに数mキャストします。
今日は6フィートちょっとのロッドを持ってきていたので、ちょっと取り回しが悪いです。

怪しいところ、特にボサは沢山あるんですが、ほとんどキャストというキャストをやらないので逆に狙いにくいです。
ちょっとずつ釣り下りました。

ちょうど瀬が見えてきたあたりで頭の上から話し声が聞こえてきます。
どうも東屋のようなベンチのようなものがあり、そこでワカモノカップルがイチャイチャとおしゃべりをしているのです。
もちろん俺には気付いていません。

そして、その瀬の手前はいかにもいそうな流れの変化なんです。
ここでヒットして大暴れとかされたら注目されたらヤだなあ。

キャストして、寄せてくるとバイトです。
2発出て、3発目に乗りました。
おお、出た、そして乗ったよ。

が、あまり手ごたえも無いチビみたいなので、アワセも入れずにダラダラと寄せてきました。
ナマズは頭上のカップルのことなんか関係なく、ドババババと必死で暴れます。

さあ、どうしようかなあ抜こうかなあ、とグダグダ考えていると、
頭上で「なんかいる!」という女子の声が聞こえたあたりで、フっと軽くなり、バレました。

バラシはしましたが、多摩川水系でヒットは2箇所目です。
しかもここ、チャリでも10分もかからない場所です。
気軽にやるには、いいかも。
ラーメン臭がするので、ラーメン川と名づけます。

ここで終了とし、ファンタジスタ川に移動しました。

***

待ち合わせの場所に着き、ちょっと待っていたら店長も現れました。
川の様子ですが、少し増水してはいますが、決してゴンゴン流れているわけではなさそうなんですが。

まずはいつものように落差工からで、早速店長に1バイト、俺もルアーを吹っ飛ばされるバイトが1回ありました。
今日は好調か?と思ったのですが、それ以降まったく異常ありません。

店長先行で釣り下り、早速彼の得意な場所の馬の背下にきますが、ここではノーバイトでした。
さらに激アツ区間手前の橋で店長に1バイト、激アツ区間は2人ともノーバイトです。
最後の合流地点で店長に2バイトありましたが、これまた乗らずです。

なんというか、バイトはチョボっとあるけど、乗る気配が無いんです。

再度落差工に戻りました。
ジョイントジッターバグをダウンクロスにキャストしていると、バイトらしき感触がありましたが乗りません。
店長はこのポイントでの得意技、バド系をつかった定点アクションでじっくりと刻んでいます。

俺がちょっと下流をやっていると、店長がナマズをぶら下げて現れました。
粘りに粘って、ついに食わせたようです。
64センチのナイスサイズでした。

この時点で3時間くらい経っているので、終了としました。
俺はボーズでした。

***

まずは、新しい多摩川水系のポイント、しかもチャリナマのポイントを見つけられたことは嬉しいです。
もうちょっとキャパがありそうな川なら通いつめるんですが。

あと、店長とナマズをやって、店長に完封されたってのは始めてです。
悔しいながら、きっちりと釣りきって喜んでいる店長を見て、たまにはいいか、とも思うのでした。

|

« 最北端 | トップページ | 倶楽部活動再開 »

釣り:ナマズ」カテゴリの記事

コメント

同行者の釣果を共に騒いで喜べへんと楽しくないからねぇsmile
中には居るじゃん
不機嫌になる輩sad
それで褪めちまうんだよってイラッとしちゃうshock

投稿: B‐ひで | 2011/07/02 10:20

ひでさん

コメントさんくすです。
そうなんですよね、同行者の結果を一緒に喜べるのは最高ですね。

俺は狭量なんで、結構焦ったりイラっとしたりするんですが、それでもフキゲンにはならないっす。

部隊長さんなんかは、同行者のことしか考えてないんじゃないかってくらいに喜んでくれます。
そうなりたい。

投稿: Open6E | 2011/07/09 11:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/52042230

この記事へのトラックバック一覧です: チャリナマ:

« 最北端 | トップページ | 倶楽部活動再開 »