« 念願 | トップページ | あと何戦? »

2011/11/08

秋アオリ2011年初戦

2週ほど前、今年の秋シーズン最初のアオリ退治に出撃しました。
過去のデータを見ると、ヤエンでは10月はちょっと早すぎるんですが、見切り発車です。

同行者は宿敵TとTの同僚の人でした。

***

まずは21時30分にTがピックアップに来てくれて出発です。
お約束の酒類や食料を買って一路ポイントを目指しました。

現地に着いてアジなどを購入し、釣りを開始したのが23時半くらいです。
釣具屋の話だと、大きくて600グラム、アベレージが300グラムくらいとのことです。

2人は最初からヤエンをやっていますが、俺は2人の状況を見てから動こうと思い、まずはエギをやりました。

1時を回ったくらいに、Tに最初のアタリがありました。
慎重に寄せてヤエンの投入にまで至ったのですが、結局ヤエンが届く前に離されてしまいました。

その時点で俺もヤエンを開始です。
ただ、それから状況が硬直して、なかなか変化がありません。
アタリがあったかと思うと、ウツボらしきアタリだったりします。

3時過ぎくらいに俺にアタリです。
ジェット噴射のストロークからするとあまり大きくはなさそうなので、慎重に寄せてきてヤエンを投入しました。
さらにゆっくりと時間をかけてヤエンを届かせようとがんばってみました。
が、そろそろかかったかな、というころに明らかに離された感触と共に軽くなりました。
すぐに回収して、ヤエンを外して頭の無いアジを投入してみましたが、抱き直しはありませんでした。

少しして、今度は同僚氏にヒットです。
Tと二人でサポートしますが、ある程度寄せたところでフイっと離されてしまい、ヤエン投入には至りませんでした。

結局、アジを一人6匹で8時30分まで粘りました。
それぞれにアオリのアタリが一回ずつで、あとはウツボのウッチーに持っていかれるのが数回という結果でした。

この日、岸壁の基礎に根ズレするのか、俺だけでなくやたらと道糸が切れました。
前はこんなことなかったので、海中の状況が変わったのかもしれません。

***

Tと同僚氏はヤエンはやらなくてもいいけど、何か釣りをしたい、とのことなので、朝食の後に帰り道にある漁港に寄りました。、

港の中ではトウゴロウイワシが釣れ盛っています。
Tヒデと同僚氏はコマセとトリックサビキを購入し、延々と50匹くらい釣っていました。

俺はなんかサビキをする気分ではなかったので、本流ロッドに5ポンドラインでメッキ用のルアーなどを使って色々試しました。

ミノーやジグやトップにはなったくの無反応でした。
ところが、アイスジグで縦に8の字アクションをやっているときと、メバルワームを激しくダートさせた時に、何かの集団のチェイスがありました。
極小のメッキかもしれません。

が、ヒットに持ち込むには至らず、昼前に終了としました。

***

過去のデータや今回の状況からみて、ヤエンアオリは11月半ばくらいからっすね。
ちょっと早かった気がします。

まだ、西湘の浜では弓角でポツポツと釣れてはいるようですが、俺の中では完全に秋冬モードに入りました。
ここ数年、ヤエンにイマイチ気合いが入っていないんですが、今年は少し集中したいとも思います。

|

« 念願 | トップページ | あと何戦? »

釣り:その他ソルトルアー」カテゴリの記事

釣り:イカ」カテゴリの記事

釣り:海の餌釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/53177342

この記事へのトラックバック一覧です: 秋アオリ2011年初戦:

« 念願 | トップページ | あと何戦? »