« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の11件の投稿

2011/11/29

World Tour in Japan 2011

秋からこっち、精力的にライブをやっています。

そして先週日曜に今年3本目となるライブをやりました。
今回は時間が短かったので、オープンEチューニングのみで一気に5曲です。

特にElmore Jamesの曲ではないんですが、今回は一番Elmoreの匂いが強い構成で、いわゆるブルームスタイルという3連4発のリフの多用やスローブルーズもElmoreが弾きそうなフレーズを多用しました。
なんか久しぶりに「エルモアの息子」になった気分でした。

ここ最近、やたらとオープンEチューニングの曲が多く、必然的に曲のキーもEのものが増えています。
そうなると、店長Qが使うハープはAのハープが多くなるのですが、あまりの酷使っぷりのためかスタジオでも音が鳴ったり鳴らなかったりしていました。
前日の土曜の夜についに鳴らなくなり、分解してみたらリードが折れてしまったようで、急遽新品を買っていました。
普段はHonerの「Blues Harp」(商品名)を使っているのですが、今回は「Marinband」しかなかったらしく、ぶっつけ本番で音作りをしたんですが、イイ音でした。

そんなわけで、楽しいライブができました。

多分今年は今回で最後だと思います。
来年もガッツリいきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/21

ダ!

俺は酒飲みというより、アルコール飲みなんですよ。
あんまり酒の味にはコダワリません。

「おやおや、このワインはずいぶんワガママが味がする。
しかも奔放な若い牡鹿のような野性味は・・・・」

みたいな気の利いたコメントは全く言わないし、そもそもそんな風に感じないワケです。

でも、バーボンにだけはちょっとウルサイのです。
まあ、皆さんのような俗物は、ワイルドターキーだとか、メイカーズマークだとか、あるいかブラントン、ブッカーズ、グランダッド114、などなど言うんでしょうなあ。

で、俺の最も愛するバーボン、教えてあげましょう。
アーリータイムズなんです。

シャーラップ!
シャット!ファッキン!アップ!

いやいや、美味いやん。
しかも安いやん。

店長Qのいつものバーでも、これしか飲みません。
ジャックダニエルズやハーパーやジムビームがダメな店長が飲むから俺も飲むのか、俺が飲むから店長も飲むのか、ここ数年、つか10年近く、店長の店ではこればっかりです、一番安いし。

夕方、ディスカウント酒屋に行きました。
そしたら、あったのです、アーリータイムズの1.75リットルボトル。

ボトルと言いながら、ベコベコのプラスティックボトル。
でも量は約一升。

それが2500円を切るイキオイだったもんですから、買いましたよ、ええ。

***

さて、メシ食いながら見ましたよ、テレビ。

見ましたよと言えば、日本シリーズ。
勝った、勝っちゃった。

ボクのホークスが日本一になっちゃた。

開けましたよ、バーボン一升瓶。
飲みましたよ、つか、今も飲んでます。

Kc3i0145

だいぶ減ってきました。

***

ホークスの皆さん、何よりも秋山監督、お疲れさまでした。
やはり貴方がたは、最強でした。

ノーアウト満塁から押し出して一点取ったけど、その後一点も取れなかったときには、リードしているにもかかわらず、今日は負けた、すなわち日本一は逃したと思いました。

が、ちゃんとやりました。
打ちました。
そして、松中信彦が走りました。

たぶん、みんな言ったり書いたりするんでしょうけど、言っちゃいます。

優勝ダ!

いやん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/19

あと1つ

最近、日本シリーズのことしか書いていませんが。

一昨日木曜日、ついにホークスは3連勝して日本一に王手をかけました。
このシリーズ初めての、ホークスらしい打線が畳み掛ける勝ち方でした。
そして、馬原もきちんと仕事をしました。

舞台は整いました。
役者も揃いました。
さあ、あと1つです。

今晩、決めてくれるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/17

試合に勝って・・・

日本シリーズ第4戦、我がホークスはついに2勝2敗のタイに持ち込みました。
相変わらず最小得点差で息が詰まるような試合でした。

試合そのものは、初回を除いて、90%くらいはドラゴンズに支配されていたと思います。
もう、この流れだと逆転されるのは時間の問題、今日は勝てないだろう、と思いました。

つまり、試合に勝って野球に負けた、って気分なのです。

が、その9割支配されて、野球としては負けていた試合で、ホークスは勝ちました。
ノーアウト満塁から3人で押さえた森福、さらに森福の後に中日打線を寄せ付けなかったファルケンボーグ、この2人に尽きます。
これだけで、10%の支配率でも勝てるのです。

さあ、そろそろ馬原を使いましょう。
そして内川、打ちましょう。

これで、どっちが優勝することになっても、福岡に戻れることになりました。
できれば明日名古屋で快勝して、土曜の福岡で決めてほしいです。

そしたら土曜はたっぷり呑めますんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/16

熱戦

先週土曜から日本シリーズが始まりました。

第1戦第2戦と、我がホークスは接戦をモノにできずに2連敗。
が、舞台を名古屋に移した第3戦は多村の一振りでやっと1勝を返すことができました。

とにかく、毎試合、1点を争う熱戦なもんですから、とにかく息が詰まります。
こんな状態なんで、テレビにかじりついていると呑むしか無いでしょう。

週末土曜はガッツリ呑んでしまったので夜中のナマズはナシ、それどころか日曜早朝の鯉もナシでした。
日曜の夜にチョロっと行こうと思っていたのに、これまた呑んでしまって出撃ナシ。
さらに昨日、早く帰宅して、野球観た後に出撃するつもりが、これまた呑んでしまって超早寝でした。

こういう状態がしばらく続くのかと思うと、肝臓に良くないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/13

ヨミガチ?

先週の火曜日、早い時間に帰宅しないとならない用事がありました。
その用事が21時くらいに終了したので、11月のナマズを求めてファンタジスタ川に出撃です。

これまでの状況として、

  1. いつもの落差工から合流地点区間はかなり厳しい
  2. ナマはどこか別の場所に移動しているだろうが、落差工より上には行けない
  3. いつもの区間でバイトあるのは、緩やかな流れか、もしくは流れの中のポケット

との事実が見えています。
ということは、落差工より下流で、かつ流れの緩い区間ということですね。

この日はこの条件に合うところチェックすることにしました。

***

とは言え、まずはいつもの区間で定点観測です。

21:45に開始し、落差工のクロスで追い食いありの1バイトがありました。
もちろん乗りませんが、ケミが消しこむバイトでした。

その後、看板下後半部でなかなかの迫力のバイトがありました。
が、こちらも乗りません。

あとは合流地点まで異常なく、1時間ほどで終了です。
ここまでのルアーはノーマルジッターバグ5/8オンスのパーチカラーでした。

***

下流区間に移動し、いつものところに駐車して上流方向に歩きました。

23時過ぎに2つ目の水門から川に降りました。
ルアーはジョイントジッターバグ5/8オンスのコーチドッグに変えてあります。

降りたあたりはアップで引いてもアクションするくらいのトロ場です。
このあたりは全くダメでした。

が、早い流れが見えてきたくらいで追い食いのあるバイトがありました。
フックには触ったようですが、乗りませんでした。

その後、流れが変化するところがありました。
ここでは追い食い二回の後にさらに食ってくるようなバイトがあり、やっとヒットです。
が、フッキングが甘いのか、バラシてしまいました。

なんとなくバイトの大きさから、個体が小さそうです、
小ぶりなジャンボシケーダー(小ぶりなのにジャンボ)に変えてみると、しばらくしてヒットです。
きちんとフッキングをし、抜き上げてキャッチ成功です。
今年22匹目のナマズは41センチでした。

Imgp1110_640 Imgp1111_640

小さっ!
一応、ジャンボシケーダーでの初釣果です。

その後、ノーマルジッターバグ5/8オンス黒に変えてさらに釣り下ると、ルアーを跳ね上げるバイトがありました。
が乗りません。

結局、2つ目の水門から1つ目の水門まで釣り下り、護岸が草に覆われてこれ以上は下れなくなったので、0時過ぎに終了しました。

***

結果、上流区間と合わせて、6バイト1フックタッチ2ヒット1キャッチでした。

タックルはスーパーパルサー+2500Cです。
次はフルーガーのグラスとシアーズのダイレクトでやってみようかな。

下流部は、まだいけそうです。
なんとなく、着き場を読み勝ちしたような気がして気分イイっす。

何よりも、去年はダメだったんです、今年は11月にキャッチをすることができてよかったです。
まあ、小さかったですが・・・

以上です、キャップ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/12

ダイレクトカープ

先日店長Qにもらったグラスロッドのブランクですが、どうもブランクではなく、グリップもコミのロッドそのものだったようです。

店長がグリップを持ってくるのを忘れていただけらしく、ある日いつものバーに行くとグリップをくれました。
チャンピオンタイプですが、ちょっと小ぶりです。
このロッド、フルーガーの50年代?のものだそうです。

さらに、店長に貸していたシアーズのダイレクトリールもついでに引き取ってきました。

で、自宅でフルーガーにシアーズを付けてみると、コレがいい感じ。
白いブランクに、小ぶりなグリップ、赤いシアーズとの大きさや色合いのバランスもぴったりです。

Imgp1112_640 Imgp1113_640

そうなると、キャストして、アクションさせて、ファイトをしてみたくなります。

***

そんなわけで、先週末、ファンタジスタ川でナマズをやった後、4時過ぎから多摩川に移動しました。

狙いはフルーガーのグラスロッドとダイレクトリールの組み合わせでデカいトップウォーターのキャスト感とアクション感を試すこと、さらに、ついでにこのタックルでパンプカをして魚とのファイト感を試すことです。
よって、三枚75円のパンを買って行きました。

到着してすぐはまだ暗かったので、キャストとアクションを試しました。

店長ハンドメイドの大型ポッパーやペンシルだと、普通のリールと変わらない感覚でダイレクトリールでもカットビます。
じっくりウェイトを乗せてオーバースローする感覚がキモチイイです。

また、グラスロッドとウッドプラグのアクションは水に絡み付くようにネットリで、でかいバスのバイトがあるんじゃないかとヒヤヒヤしました。
もちろんありませんでしたが。

明るくなってきたのでパンプカを開始です。

***

いつものコルクだとダイレクトリールには軽すぎて飛ばないので、フックを外したペンシルにハリス4号の鯉針を付けました。

パンを撒いてみても、鯉にスイッチが入って集まってくるという感じではありません。
自分のテリトリーに流れてきたり、流れているのに遭遇したりするのをパクっと食う感じです。

よって、少し遠めにキャストして、じっくりと流し、パンのチャミングはやりませんでした。

すると、2~3流し目でヒットです。
デカイのか元気なのか、すげえ走られます。
グラスロッドが根元から曲がってダイレクトリールは完全に指ドラグが出っぱなしです、おもしれー。

が、かなりの引きで竿を立ててタメとか寄せが効きません。
20メートルくらい一方的に走られてノサレたところでラインブレイクです。

ハリスから切れてしまい、逃げた鯉の口にハリを残す結果になってしまいました。
反省です。
バーブは潰してあるので、自然に外れてくれることを願います。

その後は吸い込みに来るけど見切られたりでヒットまで至らず、7時に終了しました。

***

まずこのタックルですが、スーパーパルサーより柔らかい、というか、スローテーパーです。
ナマズにスーパーパルサーとシアーズを使ったときは、ルアーのウェイトの乗りが足りない感じがあって、リリースポイントが変な気がしました。
でも、このロッドとの組み合わせだったら、もしかしたら5/8オンスクラスのルアーを使ってみてもいいかもしれません。

さてパンプカ。
繰り返しますが、タックルの適正さを考えていないかったのは反省です。

鯉の場合、リールはダイレクトリールでも楽しめると思います。
が、ロッドはせめてロッドを立ててタメたり寄せたりできる程度のものがいいことがわかりました。

というわけで、これからの淡水近場トップウォーターゲームは、ナマズをやりつつ、徐々に鯉に移行していくことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/10

あと何戦?

いよいよ11月に入りました。

ナマズですが、去年のデータだと、10月までは釣れたんですが、11月になってからはバイトさえも無いという状態でした。
そのため、11月初旬早々に終了を宣言していました。

今年はどうでしょう。
一応ファンタジスタ川でノーバイトが続けば終了かな、とは思っているのですが、今まで未開拓だったファンタジスタ川の下流部とか多摩川の温排水の場所とか、まだまだ期待を持てるところがあるのです。

***

そんなこんなで、いまだ衰えないナマズ欲のため、先週末に出撃しました。
3時くらいからファンタジスタ川のいつものコースに入ります。

この日のタックルは、ヤルキのないバイトを弾かないためにもグラスロッドを使おうと思い、スーパーパルサー+ABU2500c+PE50ポンドの組み合わせにしました。

いつものように落差工から入りますが、バイトもありません。
ここは流れがありすぎるので、このシーズンはダメなんでしょう。

今日も緩い流れ、もしくは、そこそこの流れの中のポケットを狙うのが良さそうです。

***

次に馬の背下に行きますが、台風シーズン以降、完全に流れが変わったみたいでバイトすらありません。
というより、一級品だったポケットがなくなってしまっているのです。

ただ、この消えたポケットからさらに10メートルくらい下にヨサゲなポケットがありました。
流れを読んでうまく落とし、できるだけゆっくりと巻いてくると、なかなかヤルキのあるバイトがあり、ルアーが跳ね飛ばされました。
が乗りません。

フォローとしてもう一度同じコースを通したり、角度を変えて攻めてみましたが、結局一発だけでした。

***

こういう状況では、ここ最近は激アツ区間(今年は大してアツくないんで、仲間内の呼称である「看板下」と呼びます)の後半の緩流部が期待できます。

ダウンとダウンクロスとで満遍なく丁寧に探りました。
対岸のボサの際に落とし、ダウンクロスでスイングしてるときに派手なバイトがありました。
が、もちろん乗りません。

かなりの距離を追ってきていたみたいで、自分のバイト音で驚いたのか、逃げていくのが見えました。
この後のフォローにももちろん反応はありませんでした。

***

最後の合流地点では、支流をクロスでスライスしていると、小さいバイトがありました。
もちろん乗りません。

この合流地点も落差工同様、流れが複雑でそこそこ強いのであまり期待できない場所です。
結局、この後しばらく広く探り続けましたが、反応ナシでした。

***

ここで一旦道に上がって歩いて車のところに戻っていたのですが、看板下後半部あたりの対岸からナマズらしき捕食音が頻発しているのが聞こえました。

これはチャンスかもしれないと思い、再度川岸に降りて音のするあたりの上流からじっくりと対岸にキャストをして核心に近づきました。
が、数回キャストしていよいよ近くjに来たあたりで気配を感じられてしまったのか、捕食音も消えてしまいました。

結局この時点で4時過ぎ、終了としました。

***

結果としては3バイト0ヒットと相変わらずお寒い状況です。

が、去年と違って11月になってもそこそこヤルキのあるバイトを感じられたのは大きいです。
また、ファンタジスタ川の、この、いつもの区間、おそらくナマズの絶対数が少なくなっています。

落差工より上流には上がれないと思うので、おそらく下流に落ちているんでしょう。
ちょっと調査してみると良いかもしれません。

そんなわけで、なかなか今年のナマズシーズンは終わることができなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/08

秋アオリ2011年初戦

2週ほど前、今年の秋シーズン最初のアオリ退治に出撃しました。
過去のデータを見ると、ヤエンでは10月はちょっと早すぎるんですが、見切り発車です。

同行者は宿敵TとTの同僚の人でした。

***

まずは21時30分にTがピックアップに来てくれて出発です。
お約束の酒類や食料を買って一路ポイントを目指しました。

現地に着いてアジなどを購入し、釣りを開始したのが23時半くらいです。
釣具屋の話だと、大きくて600グラム、アベレージが300グラムくらいとのことです。

2人は最初からヤエンをやっていますが、俺は2人の状況を見てから動こうと思い、まずはエギをやりました。

1時を回ったくらいに、Tに最初のアタリがありました。
慎重に寄せてヤエンの投入にまで至ったのですが、結局ヤエンが届く前に離されてしまいました。

その時点で俺もヤエンを開始です。
ただ、それから状況が硬直して、なかなか変化がありません。
アタリがあったかと思うと、ウツボらしきアタリだったりします。

3時過ぎくらいに俺にアタリです。
ジェット噴射のストロークからするとあまり大きくはなさそうなので、慎重に寄せてきてヤエンを投入しました。
さらにゆっくりと時間をかけてヤエンを届かせようとがんばってみました。
が、そろそろかかったかな、というころに明らかに離された感触と共に軽くなりました。
すぐに回収して、ヤエンを外して頭の無いアジを投入してみましたが、抱き直しはありませんでした。

少しして、今度は同僚氏にヒットです。
Tと二人でサポートしますが、ある程度寄せたところでフイっと離されてしまい、ヤエン投入には至りませんでした。

結局、アジを一人6匹で8時30分まで粘りました。
それぞれにアオリのアタリが一回ずつで、あとはウツボのウッチーに持っていかれるのが数回という結果でした。

この日、岸壁の基礎に根ズレするのか、俺だけでなくやたらと道糸が切れました。
前はこんなことなかったので、海中の状況が変わったのかもしれません。

***

Tと同僚氏はヤエンはやらなくてもいいけど、何か釣りをしたい、とのことなので、朝食の後に帰り道にある漁港に寄りました。、

港の中ではトウゴロウイワシが釣れ盛っています。
Tヒデと同僚氏はコマセとトリックサビキを購入し、延々と50匹くらい釣っていました。

俺はなんかサビキをする気分ではなかったので、本流ロッドに5ポンドラインでメッキ用のルアーなどを使って色々試しました。

ミノーやジグやトップにはなったくの無反応でした。
ところが、アイスジグで縦に8の字アクションをやっているときと、メバルワームを激しくダートさせた時に、何かの集団のチェイスがありました。
極小のメッキかもしれません。

が、ヒットに持ち込むには至らず、昼前に終了としました。

***

過去のデータや今回の状況からみて、ヤエンアオリは11月半ばくらいからっすね。
ちょっと早かった気がします。

まだ、西湘の浜では弓角でポツポツと釣れてはいるようですが、俺の中では完全に秋冬モードに入りました。
ここ数年、ヤエンにイマイチ気合いが入っていないんですが、今年は少し集中したいとも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/06

念願

昨日、喜びのあまり、携帯からエントリしましたが、ついにわがホークスがクライマックスシリーズを制して日本シリーズ出場を決めました。

思えば、このブログを始めてから、ホークスは一度も日本シリーズに出れていないのです。
そして、ファンである我々も毎年無念の思いをしていました。

俺の「今年もダメでした」エントリも恒例になってきました。

これまで何度も言ってきたのは、「シーズンをブッチギリで優勝して、クライマックスも横綱相撲でブッチギリ」ということです。

今年はこれがかないました。
もう、誰も文句は言えないくらいの圧勝でした。

***

昨日の試合は、ほんとに面白かった。

両チームのエース、涌井と杉内が、1点だけ取られて、そしてそのたった1点のためにプロフェッショナルが涙を流すってのがすごいです。
俺は自分の仕事においてはプロフェッショナルだと思っているつもりですが、でも、仕事で泣いたことはありません。
野球というか、勝負の世界ってのは、そういうもんなんですね。

***

さっき、ドラゴンズが日本シリーズ行きを決めました。
今年はスワローズに勝ってほしかったのですが、残念です。

ギッタンギッタンにして、秋山監督を男にしてあげることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/05

ホークス!ホークス!ホークス!

やっと勝ちましたバイ。

シーズン完勝、クライマックスシリーズ完勝。
文句ナシです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »