« デジタルライフブルーズ - 蒼い歯 その2 | トップページ | 2012年渓流解禁間近 »

2012/02/18

デジタルライフブルーズ - レゾリューションブギー

ここ数回のエントリで、最近のデジタル環境に関して書いてきました。

そんなこんなでBluetoothは落ち着いたのですが、スマホでの映像鑑賞が快適になると、色々な映像を見たくなります。
で、DVDをスマホで見ようと思ったら、HandBrakeなどを使って動画ファイル化するわけです。

ところが、俺のネットブックは、画面の解像度が1024×600というサイズなので、HandBrakeが要求する1024×768を満たさず、使うことができないのです。

また、ビデオカメラで撮った映像なんかをDVDビデオとして焼こうとするときも、俺が持っているソフトでは解像度が足りずに使うことができませんでした。

結局今までは、これを諦めていました。
毎回、DVDドライブが絶不調なデスクトップPCで変換してから、スマホに移したりしていたのです。

***

ある日、ビデオカメラやスマホで撮った映像をDVD化しようとしていて、どうしてもデスクトップPCでやるのは我慢がならなかったんで、ネットブックの低解像度で使えるソフトが無いかを探していました。

そこで発見したのが、ChgDispResというソフト。
低解像度で使えるソフトを探していたはずが、低解像度を無理やり「やや」低解像度にするという力技なソフトなのです。

これを使うと、1024×600の画面に、1024×768のサイズで無理やり、すなわち縦方向を潰して表示させることができます。

まずは1024×600の画面のスクリーンショットです。
ブラウザはChromeをフルスクリーンにしたものです。

Res001

これをChgDispResを使って1024×768にしたらこんな感じになります。

Res002_3

見ていただくとわかるように、表示範囲が拡がります。
当然、縦方向が潰れるし、なんとなくクスんだ感じになってしまいます。

***

このモードで、HandBrakeとかDVDライターとかを使ってみるとちゃんと使えました。
これで、処理速度は別として、一通りの作業がすべてネットブックでできるようになったのです。
2年かかってるけど。

|

« デジタルライフブルーズ - 蒼い歯 その2 | トップページ | 2012年渓流解禁間近 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/53919911

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルライフブルーズ - レゾリューションブギー:

« デジタルライフブルーズ - 蒼い歯 その2 | トップページ | 2012年渓流解禁間近 »