« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の7件の投稿

2012/06/29

シケ後の一発

先週日曜、久しぶりにファンタジスタS君と釣りに行きました。

狙うは青物、というわけで西湘方面です。

先週は台風4号が過ぎていったので、シケ後の一発があるんじゃないかという甘い目論見です。
現場には3時半くらいに着いたのですが、結構な人手なんで、期待できます。

7時半までジグやツノを投げ続けましたが、まったく魚の気配がありませんでした。
俺やS君だけでなく、見渡す限り、すくなくとも左右100mで魚が釣れたのは確認できませんでした。

シケ後って、一発もあるけど、全くダメなことも多いですよね。
というか、シケ後の一発に当たってウハウハしたことなんか無いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/27

真珠玉

地元九州関連の友人から連絡がありました。
一昨日月曜に、パールボールの決勝戦のチケットがあるが、行かないか?とのことです。

まだ真珠は入れてませんが、興味があるんで行くことにしました。
仕事は相変わらずダラダラと忙しいんですが、ちょっと気分転換も必要でしょう。

オービックvs富士通のゲームだったんですが、久しぶりにスタジアムから見るアメフトは面白かったです。
やっぱり、コンタクトスポーツってのが性に合ってるみたいです。

試合終了まで酒を飲みつつ楽しみました。

***

終了後、水道橋の居酒屋で飲んでたんですが、久しぶりに会う連中だったので、色々と状況が変わっていました。
地元の言葉で話しながら飲むってのもいいもんです。

結局、0時前にお開きになったのですが、イキオイが付いてしまってそのまま久しぶりにいつものバーに。
店長Qと散々飲みつつギターとハープでブルーズやって朝まで飲んでしまいました。

気分転換しすぎでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/20

サイズアップせず

月曜夜、ファンタジスタS君の家に、畑で収穫した野菜のオスソワケに行きました。

せっかくここまで来たんで、S君のYes/No枕をYes/Yes枕に変えて少子化対策をすることもなく、ファンタジスタ川に出撃しました。

相変わらずの定点観測と、前回の釣行で中学以来のバックラッシュをしたタックルをメンテしたのでその結果のチェック、さらにルアーのフックをすべて見直してキンキンにしたことによる効果を確かめるという目的です。

***

22時半過ぎくらいにいつもの落差工コースからスタートしました。
が、落差工、馬の背、馬の背~看板下までのコースと全くバイトがありません。

ところが、ここ最近まったく期待薄だった看板下のコースではなんとなく気配がするのです。

先日作られた人工渡り石のようなところに上流からダウンでキャストするとヒットです。
なかなか引くんで50はあるだろうと思ったんですが、キャッチしたのは48.5センチの微妙なサイズでした。

Imgp1371_h480

それでも久々のナマズなんで、気をよくして同じような箇所を撃っていきます。
が、バイトすらありません。

さらに下流に進んで、看板下区間から最後の合流点にさしかかるくらいの、緩い流れが急な流れに変わるあたりにダウンでキャストすると、地味に消しこむバイトがありました。

Imgp1374_h480

あまりにも引かないので、強引に寄せて抜き上げたのは、40センチくらいのチビでした。

結局、最後の合流区間でもバイトが無く、0時ちょっと前に終了しました。
1時間半にも満たない釣りでした。

***

まず、メンテをしたタックルですが、オールド(というかボロ)ミリオネアのようなリールは、構造がシンプルなだけに、ちゃんとメンテすると格段に使用感が上がりました。
コマメにやります。

そしてフックですが、今回はバイトのすべてが乗ったんで、微妙なフッキングに寄与したのかは不明です。
が、確実にフッキングできたんで、少なくとも自己催眠効果はあると思います。

それにしても、ファンタジスタ川、サイズが出ません。
去年は多数のロクマルにナナマルも出た区間だというのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/14

1mのブリ

先週末日曜は、前週に収穫した野菜をおすそ分けに知人のところを回る予定でした。

そしたら、ある友人が夕方に来てメシ食っていけ、ということになりました。
そうなると、野菜だけではなく、魚もオミヤゲにしたいという、どちらかというと見栄から出たココロモチがあり、月曜に引き続き、日曜朝マズメに西湘方面に出撃しました。

用意したタックルは、9フィート6インチのライトショアジギングロッドに4000番リール、ラインはPE1.5号にリーダー30ポンドです。
これは40グラムくらいまでのジグやプラグ類に使います。

それから3.9メートルの23号の投竿に弓角用リール、ラインはナイロン4号です。
これは弓角およびイワシ確保のための投げサビキに使います。

***

現場に着いたのは午前4時ちょっと前です。
ところが、浜には結構沢山の人がいます。

少し歩いては入れそうなところに入れてもらい、準備開始です。
まだ薄暗いのですが、ライトを忘れたので結構大変な思いをして準備をしました。

早速40グラムのジグでスタートしました。
波ややや高いものの、風も強くなく、前週に比べて釣りやすいです。

しばらく底を取ってはワンピッチの中速でリトリーブを繰り返していましたが反応がありません。
すると、右隣の弓ツノ師が何かをキャッチしました。
なんと、サイズは小さいですが、タチウオでした。
ツノでもタチウオって釣れるんですね。

その後も反応は無く、周囲も全く釣れていません。

ただ、先ほどタチウオを釣ったツノ師が小さいワカシを上げました。
これはもしかして、少し小さいシルエットがいいのかと思い、30グラムのジグに変更しました。
いや、弓角やればいいんですが、タックル準備したりがメンドクサイし、なんかジグで釣りたい気分なんですよ。

結局1時間半くらい経っても周囲を含めて何も起こらないので、弓角に変えました。
フルキャストして中速で巻く、を繰り返していた6時過ぎ、待望のヒットです。

大して抵抗もなく上がってきたのは25センチくらいのワカシでした。
渓流だったらナイスサイズだったのに。

Imgp1370_h480

せっかくなんで、渓流風に写真を撮ってみました。

まずは今年の青物初キャッチ弓角初キャッチを果たしました。
それなら群れの下には良型がいるんではないかと思い、再度ジグにスウィッチです。

キャストして底を取って中速でワンピッチ、途中で一度底を取り直す、という作業を繰り返しているとガツンと来ました。
読みどおり!でかいんじゃない?

キャッチしたのは先ほどと同じサイズのワカシでした、テヘッ!
でも、今年のジグでの初釣果です。
今まではハイピッチショートジャークばかりで無駄に体力を使ってきたのですが、今年の俺は違いますぜ。

マルチキャッチに気を良くして、さらなるサイズアップを狙ってジグをキャストします。
そして、数投後に、またヒットです。
今度はでかいんじゃない?
もちろん同じサイズのワカシでした。

周囲も堅調に釣果が上がっていたんですが、流石に7時近くになるとポツポツという感じになってしまいました。

そこで再度弓角にスウィッチです。
今日の俺は見切りのタイミングも絶妙です。
最初にジグからツノに変えるのはメンドクサがっていたくせに。

そして7時半前くらいに再度ヒットです。
もちろん、これまた判で押したように同じサイズのワカシでした。

こんな感じで、7時半過ぎに終了しました。
結果は25センチくらいのワカシをツノで2本、ジグで2本という結果でした。
夕食をご馳走になる友人には「(合計)1mのブリが釣れたんで持って行く」とメールをしときました。

***

帰宅して、すぐにさばきました。
刺身では淡白すぎるでしょうから、リュウキュウにしました。

普段でしたら、醤油と酒とミリンを煮切ってタレを作るのですが、今回はちょっと変えてみました。
つい最近、宿敵Tから宮崎・都城の刺身醤油(あまくち)をもらったのですが、これを使いました。
ちょっと甘すぎたので普通の醤油を足し、これにラー油を入れました。

Dsc_0064_h480

4匹分の身ですので、そこそこの量が作れました。

夜、これを持って友人宅に行き、卵黄をからめてシソと小ネギを散らせて食べました。
友人の奥方もウマイウマイとライスをがっついてくれました。

***

そんなわけで、今年の青物第2戦はなかなか満足な結果となりました。
まあ、サイズはあまりにも小さいんですけどね。

そろそろアオリもいっとかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/12

Runner's Knee

相変わらずフィットネスに勤しんでいます。

走りの方もジワジワと距離とスピードを増やしています。
今、わりと楽なペースで走って6分/kmを切るくらいのペースです。
スタミナ的には1時間は走れる感じです。
相変わらず、油断するとチクビカジリにやられていますが。

走る距離とかペースとかは、スマホのアプリを使って計測しています。

多摩川の河川敷とかの外を走るときには定番のRunKeeperというソフトで、これはGPSで移動を計測してくれて、距離とかペースとか時速とかを教えてくれるのです。
そしてそれを記録として残してくれます。

俺は1分ごとに距離とペースを通知してくれるようにしているんで、走るときに目安がわかって退屈しません。
まあ、通知は女性の声で英語なんですけどね。

で、室内のときはGPSが効かないのでWalk Workという歩数計アプリを使っています。
自分の歩幅を入れておくと、単純に距離が出るというものです。
これも通知してくれたらいいんですが。

***

で、ある日、多摩川を走る際に、ちょっとキツ目に走ってみることにしました。
1時間走って、どれくらい距離を伸ばせるかを試してみたのです。

大体5分/kmのペースでスタートして、快調に走っていました。
30分過ぎても全然OKで、そのまま後半にさしかかります。

ところが40分を過ぎたあたりから左膝に違和感を感じだしました。
それが45分くらいになると結構痛いのです。

元々、昔ラグビーをやっていたころに膝を痛めたことがあり、今でも雨が降る前にウズいたりすることがあるのですが、最近はきっちりフトモモの筋力をつけたりしているので大丈夫だろうと安心しきっていました。

50分くらいになって、結構な痛みになってきて、ペースも随分落ちたので、もうやめようかと思ったのですが、これがやめられない性格なんですよ。

結局1時間走りきってしまいました。

じっくりとストレッチしたりマッサージしたりしたのですが、それ以来、30分くらい走ると膝の痛みが出るようになってしまいました。

Webなんかで対処法を探してみたんですが、休養するしかないみたいです。

そんなわけで、これからしばらくはランは休みにして、バイクとかステップで心肺を維持することにしました。
自業自得の良い例です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/10

収穫祭2012と夏先取り

今年も半年限定農地の収穫を行いました。

先週の日曜にナマズ釣りの後にロクに眠りもせずに早朝から開始です。
予報では雨が降るとのことだったので、午前中にタマネギだけを獲ってしまいました。

取れたタマネギは5個ずつ縛って干してあります。
これで1年近くタマネギに不自由しません。

雨はまだかと、ビールを飲みながらオニオンスライスを腹一杯になるまで食いました。
腹一杯にならなくてもいいのに。

***

で、結局雨は降らなかったのですが、ジャガイモ収穫は行いませんでした。
しかしデッドラインの翌週末も雨が降るかもしれないということから、急遽は月曜午前休暇を取って収穫をすることにしました。

7時半くらいから始めて、9時半くらいに終了です。
キタアカリと男爵が沢山取れました。

今年はモノは試しにジャガイモにもマルチをかけてみたんですが、これが季節の進行が遅い(=気温が低い)今年にうまくハマったようで、付近と比べても育ちの良いイモが多かった気がします。

とりあえずシャワー浴びたりなんだかんだして、10時くらいからジャガバターでビールを飲みました。

11時くらいから2時間寝て出勤するつもりが起きたら13時半を過ぎていました。
結局、14時からの会議には間に合わないので、この日は休みとしました。
スチャラカ社員です。

***

で、せっかく休みにしたので、これは有効に過ごさないともったいないと思ったので、急遽西湘に出撃することにしました。

ショアジギタックルと弓角タックル、あとはイワシ捕獲のために投げサビキの仕掛けも用意しました。
夏を先取りです。

釣具屋に寄って買い物したりとかで、現地に着いたのは16時過ぎです。
平日というのにポツポツと人がいます。
まったく何やってんだか。
仕事しろ、仕事!

まずは40グラムくらいのメタルジグから開始しましたが、かなり波が高く、波足も長く、しかも向かい風というやりにくい状況です。
ヒップウェーダーを履いていたんですが、一発デカイ波が来て、股間より下が濡れてしまい、それに伴いウェーダーも下もグショグショのスケベ女になってしまいました。

それでもメゲずにがんばっていたんですが、気がつけば周囲の釣り人がほとんどいなくなりました。
負け気分が濃厚になってきた頃、底を取って中速でリトリーブしていたロッドに重みが乗りました。

キター!

必死でポンピングをし、タイミングを計って波を通過させると、見事なサイズの藻です。
・・・・やっぱりね

その後何発も藻がかかるので、目を凝らして波が立つあたりを見てみると、流れ藻がぎっしりでした。
少し立ち位置を変えて18時半まで粘ってみましたが、結局何も起こらない日でした。

まあ、久々の海で、ジグをドカーンと投げるってのは楽しかったんでヨシとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/08

中学以来

すっかり2週間のゴブサタです。

先週末、これまた懲りずに定点観測としてファンタジスタ川に出撃しました。

***

日曜1時くらいに開始したのですが、相変わらず落差工や馬の背では反応がありません。
鯉のタタキも見られないので、今年はダメな年、もしくはこのポイントが護岸工事で終わってしまったのかもしれません。

その後、馬の背下から看板区間に向かう中間くらいでバイトがありました。
完全に重みが乗ったので、ファイトに移ろうとしたらスッポ抜けました。

さらに少し下ったところでもフックに触るようなバイトがありましたが、これも乗らず。
さらにさらにもうちょっと下でもガボっと出ましたがフックにも触らず、追い食いもせず。

まあ、魚はいるみたいです。

もしかしたらと思って、フックをチェックしたら、バーブレストリプルフックの1つが完全にナマっていて、あと1つもナマりかけていました。
これが乗らなかった原因かもしれません。
去年はフックポイントにやたら神経質だったんですが、今年は大らかにやっていました。

やっぱりフックのように魚に近い部分はちゃんとした方がいいってことですね。
つか、基本だろ、俺。

その後は合流地点までノーバイト。
からっきしです。

***

それから久しぶりに下流区間に行きました。
工事で上がってこれないナマズがウヨウヨいるんじゃないかと思いまして。

が、足元のボサ際で追い食い3連発のバイトが一回と対岸のボサ下にキャストして落ちパクが一回、どちらも乗らないバイトだけでした。

どうもボサ際が良さそうだと思い、別の対岸のボサに鋭くキャストをしたら、見事なくらいのバックラッシュです。
もう、中学以来じゃないかってくらいの、まさに「パーマ」状態。

その場で解こうとしましたが解けず、3時半くらいに終了としました。
ちなみにこのバックラッシュ、1週間近く経ちますが、まだ解いていません。

***

というわけで、ファンタジスタ川の定点観測ですが、どうにもこうにも調子が出ません。

鯉のハタキが遅れている説も消えた感じですので、いよいよ魚影が薄くなったようです。
そんなわけで、別のポイントを探さないといけないな、というココロモチです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »