« 伊豆の仇を西湘で | トップページ | シーズン終盤 »

2012/08/31

Island of Forest and Water

史上最大規模の台風がすぐ近くにいる中、屋久島に行ってきました。

4泊5日で、
初日:移動
2日目:縄文杉トレッキング
3日目:釣り&シュノーケリング
4日目:白谷雲水峡&太鼓岩トレッキング
5日目:移動
の予定でした。

が、結局、予定どおりに運んだのは2日目の縄文杉トレッキングでした。

3日目は台風の中、130kmの島を一周しました。
西部林道では、ごく普通にヤクシカやヤクサルを見ることができました。

4日目は風雨は収まっていましたが、渓谷が増水で川を渉ることができないために入山規制が敷かれていて中止となりました。
結局走り回って奇跡的に晴れていて波のおだやかなところに出たので、急遽シュノーケリングをしましたが、濁りとゴミで全く何も見えず、ボディサーフィンをして過ごしました。
その後に地元の人が普通に入りに来る温泉に行き、ゆっくりしました。

釣具は、7フィート本流ロッド+2506リール+5ポンドナイロンに、5センチミノーやトップウォーターなどのいわゆるメッキタックルのみを持ち込みました。
が、使う機会がありませんでした。

屋久島の食い物はトビウオと首折れサバという刺身で食うサバが名産なんですが、漁に出れなかったらしくサバは食うことができませんでした。
トビウオはカラアゲやツケアゲ(サツマアゲ)や塩焼きで食いましたが、絶品でした。

酒はもちろん、屋久島の焼酎、三岳です。
ちなみに三岳ってのは、九州最高峰の宮之浦岳と、永田岳、黒味岳のことを言います。

まだまだ沢山書きたいことがあります。
戻ってきて数日経った今も、まだ屋久島の中毒から抜けることができません。
いわゆるヤク中です。

でも、これくらいにします。
屋久島には、また行きます。
必ず行きます。

あとは写真で。

Imgp1432_h480
鹿児島南埠頭の高速船乗り場から見える桜島。

Imgp1433_h480
宮之浦川。
河口にそこそこ近いというのに、エメラルドグリーンの水色。

Imgp1468_h480
縄文杉コースの2大スターの1つ、ウィルソン株。

Imgp1473_h480
夫婦杉。

Imgp1495_h480 
縄文杉。
人が多すぎて、言われるほどスピリチュアルなものは感じませんが、それでも森の中は沢山のオーラがあります。

Imgp1503_h480
ホントにトロッコ道を走っていたトロッコ。

Imgp1520_h480
千尋の滝。

Imgp1523_h480
大川(おおこ)の滝。

Imgp1525_h480 
普通にヤクサル。

Imgp1527_h480
普通にヤクシカ。

Imgp1535_h480 
台風のため、海はどこもサラシ満開。

Imgp1572_h480
世界遺産かどうかは問題ではない。
でも、これで屋久島が守られるなら文句は無い。

Dsc_0084_h480
毎晩、三岳の一合か二合。

Imgp1573_h480 Imgp1575_h480
帰りの鹿児島では、ラーメンとチンチン電車。

Imgp1560_h480 Imgp1562_h480
森と水の島です。
くどいですが、また戻ってきます。

|

« 伊豆の仇を西湘で | トップページ | シーズン終盤 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山/トレッキング」カテゴリの記事

釣り:その他ソルトルアー」カテゴリの記事

釣り:回遊魚」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰でございます。
その間に屋久島ですか。いつかは行ってみたいですね。
欲を言えば、好天で人が居ない時に行きたいです(無理)
つか、すっかりアウトドアな方ですね。happy02

投稿: まこ@釣庵 | 2012/09/04 22:53

時代は遠征ですね。分かります。

投稿: ゴリ | 2012/09/05 23:59

> まこさん

コメントどうもです。
そしてゴブサタしています。

船、行けなくてすみません。
来年こそは、とカラ手形を出しておきます。

さて、アウトドアですが、なんつーか、キャンプとかバーベキューとかはやらないし、かといってゴリゴリの登山をやっているわけではない、と相変わらずの中途半端野郎です。
夜のアウトドアに至っては、全くやってないっす。

そんなわけで、生暖かく見守っておいてください。

投稿: Open6E | 2012/09/07 17:36

> ゴリさん

こちらもゴブサタです。

釣りでは遠征できてないんですよ。

つか、ちゃんと読んでますよ。
アジア巨大魚遠征。

タックルはわかったんですが、どんな仕掛けとかルアーなのかが気になるところです。

投稿: Open6E | 2012/09/07 17:38

ご無沙汰しております。
アジア巨大魚、というほど大きいのは釣ってないんですが、自然湖ではPE5号+80LBリーダーにバズベイトという漢らしいタックルで貫き通しました。
管理釣り場の餌釣りは鯉のぶっこみに近い仕掛けに、石鯛針で鬼フッキングです。

まー、どちらもガイド付きという意味では紐付きのチャンネェな感はありましたが、中々面白かったです。

再訪では準GTフィッシングを期待しています!

投稿: ゴリ | 2012/09/08 01:11

ゴリさん

返信遅れてすみません。
漢のタックルっすねえ。
バズベイトってのが、また漢っす。

そちらにも遊びに行きますね。

投稿: Open6E | 2012/09/20 19:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/55550588

この記事へのトラックバック一覧です: Island of Forest and Water:

« 伊豆の仇を西湘で | トップページ | シーズン終盤 »