« All Star 2013 | トップページ | 夏合宿2013 二日目 »

2013/08/14

夏合宿2013 初日

通常、夏合宿は毎年お盆の週に行うのですが、今年は1週間早い週に伊豆に行きました。

***

持ち込んだタックルは、7月のプレ夏合宿とまったく同じものです。
というか、プレ合宿の時点で3週間後に再度伊豆に来るので、タックルのほとんどを滞在先に置いていったからです。

***

8/6火曜は昼に自宅を出たために到着が夕方になったので釣りはしませんでした。
翌日に備えて酒を痛飲して早寝しました。

***

8/7水曜の初日、まずは河津川での渓流釣行です。

今回もプレ合宿宿敵Tと行ったのと同じコースとしました。
前日の夕方に結構激しい雨が降ったためか、前回よりも10cmくらい水位が高いようです。

5時に入渓し、しばらくチェイスが無いので、色々なアクションを試してみたところ、キャスト直後からトゥウィッチをかけ続けるパターンでチェイスが増えてきました。

考えてみれば、昔はこの「かけ続け」トゥウィッチばかりをやっていました。
ところが最近、特に本流をやるようになってから、どちらかというとコースを通して要所でトゥウィッチをするパターンや、トゥウィッチをしながら食わせの間を時々入れるようなパターンばかりをやるようになっています。

でも、フィールドの状況の移り変わりとかもあるんでしょうが、もしかしたら何も考えずにトゥウィッチかけ続けの頃の方が釣れていた気がします。

ルアーの動きを見ていると、トゥウィッチをかけ続けると、アップやアップクロスの流れの中で移動距離が少なくルアーを見せることができるのかもしれません。
これがポーズを入れるパターンだと、ポーズの間にそこそこの距離を移動してしまったりする気がするのです。
まあ、状況次第ではどちらかがハマることもあるのでしょう。

その後、小さめのチェイスに混じって良型に思えるサイズのチェイスも出てきました。
が、ヒットには至りません。

途中、増水のために通れない場所があったので、高巻きのつもりが退渓になってしまってしばらくショートカットして再入渓した後の落ちこみからの流心の脇でやっとヒットしました。

Imgp1992_h480

無事キャッチしたのは20センチあるか無いかのアマゴでした。

その後チェイスはありますが食わせることができず、アクションのパターンも色々と変えてみましたが、結局9時の退渓までで、1匹という釣果でした。

***

午後、退渓したその足ですぐに青物狙いをやろうかと思ったのですが、思ったより疲れていたので仮眠をすることにしました。

目が覚めたのが15時くらいで、そこから1時間勝負で堤防で青物を狙いました。

まずはお気に入りのポップクイーン105mmで表層を引いていましたが、キャスト時にラインがガイドにからんでしまったのか、リーダーの結束付近で切れてしまいました。

慌てて電車結びでリーダーを付け替え、ダイビングペンシルを付けてポップクイーンの救出を図りましたが、だんだんと沖に流されて行き、結局救出できませんでした。

その後、しばらくダイビングペンシルを投げましたが気配が無いのでジグに変えました。
40gのジグに結構大きめのアシストフックを付けてフルキャストし、1回のキャストで3回くらい底を取り直しながらシャクっていると何か違和感があります。
巻き取ると、15センチくらいのハゼのようなエソが釣れていました。

もうしばらくして、今度は岸近くまで引いてきたときに違和感があり、これもやはり15センチくらいのカマスでした。

このカマスといいエソといい、結構早いアクションで結構でかいアシストフックなのにしっかりと口にフッキングしているのには驚きました。

結局16時半過ぎまでがんばりましたが、それ以外の変化はなく、タイムアップでした。

***

まずは初日の結果でした。

|

« All Star 2013 | トップページ | 夏合宿2013 二日目 »

釣り:合宿」カテゴリの記事

釣り:回遊魚」カテゴリの記事

釣り:渓流ルアーフライ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77316/57992342

この記事へのトラックバック一覧です: 夏合宿2013 初日:

« All Star 2013 | トップページ | 夏合宿2013 二日目 »